先日、県立高校様から、ホームページの見積がありました。

 

ども中の人の私です。

 

先日、有難い事に、某県立高校様より、ホームページの見積の依頼が来ました。

 

この記事では、依頼された高校の名前は伏せています。

 

ですが、同じような事でお困りの県立の小学校、中学校、高校の担当の方もいらっしゃるのではないか?

 

と思い、依頼内容について、どのように考えて見積をしたのか?

という事を紹介しています。

 

どういった事に考慮したのか?

ホームページはただ作ればいいという事ではなくて、ホームページを納品公開した後に情報を更新しつづけたり、新しい情報を伝えたりという事をしないと、訪問者は信用してくれません。

(この間メールで営業してきた会社の中のいくつかは、ホームページの更新履歴が去年だった・・)

 

 

 

だからこそ、

いつ、

誰が、

どういう情報を

どのページで、

どういったソフトで、

情報を更新するのか?

新規の情報をアップするのか?

 

 

 

という事を十分考慮する必要があります。

 

 

 

なるべく負担が掛からないようにはするとして、こちら側のシステムで対応できない場合は、マニュアルを用意するなどの事が必要になります。

 

 

また、納品して1か月くらいは、何かしらのサポートも必要ですし、納品後も、想定指定なかった事も出てくる可能性があります。

 

サポート期間が切れたから、一切何もしません。

とは、あまり言いたくは無いので、

 

だからこそ、そうならない為にもさまざまな事を出来る限り想定しておく必要があります。

 

その為、情報のやり取りが少ない場合は、どうしても見積金額が高くなります。

 

なので、電話だけでは、細かいところは確認できないので、お会いして情報をいろいろもらって、こういう感じにしたいという事を聞きます。

 

そうして積み重ねる事で、不要な作業もでてくるので、見積の金額も下がる。

 

というわけです。

 

 

今回の県立高校様からの見積依頼がどうなるかわわかりませんが、

何にせよ、こういった問い合わせをいただくのは、本当にありがたいと思います。

 

現状の把握

見積も、現時点のコンテンツ全てに目を通して、どういった事が掲載されてあるか?

 

年に1回アップしたら、しばらくは更新しなくていいのか?

何かあったら情報をアップするという事はあるのか?

全日制と定時制は、分けたほうがいいのか?

問い合わせは、どの番号がいいのか?

 

ある程度は想像がつくのですが、やはり

 

 

某映画のように・・

事件は会議室で起きてるんじゃない!!

 

現場で起きてるんだ!!

 

みたいな感じはやはりあるだろうなと・・

 

まぁ事件じゃなくて、広報するためにですが( ˘ω˘)スヤァ

 

環境についても考慮すべき点がある

また、県立高校などは使っているサーバーも独特で、ワードプレスなどは使えない場合が多いです。

また、こちらも使いたくても、メンテナンスやセキュリティの面から言っても使わない方がいいと考えます。

 

そうすると、使用されてあるパソコンに、ホームページ制作系のソフトを入れてそれを使ってホームページを用意するという事になるのですが、

 

これが、また、通常のホームページとは違い、可能性の話にはなりますが、年度が替わって内容が変わる可能性も高いかもしれない。

 

利便性を考える

そうすると、あまりこだわってコーディングしてCSSで調整していたとしても、それを継続して県立高校の担当の方が行うのは現実的では無いですよね。

 

となると、簡単に修正しやすく、簡単にそれなりにきれいに見えるようにという仕組みを作るところまでが限界になると考えられます。

 

仮に初回納品したときにはきれいだったとしても年度が替わって情報を書き換える時に、制作会社に依頼しないと変えれないってなると、予算のつけ方も考えないといけなくなるのではないかと思います。

 

また制作会社側でも、ちょこちょことした修正をするというのも、地味に作業効率が下がる事につながってしまうかもしれない。

 

それであれば、学校のホームページ担当の方に、簡単に更新できて、簡単にページの内容をワードや、文書を打ち込むようになるべく簡単に用意する事がいいのではないか・・・

 

という考え落ち着きます。

 

そうすると、継続サポートの予算も必要ないですし

新しい情報も、過去にアップしたページの修正も現場でできる。

 

さらに、完成とまでは言いませんが、仮構築した見本サイトも用意させていただきました。

 

これは、県立高校の広報担当の方であればお問い合わせいただければ、お見せする事もできます。

 

あくまでイメージですがそれでも雰囲気は感じ取ってもらえるのではないかと思います。

見本画像などがあるので、あくまで見本イメージとしてです。

 

出来る範囲内で、見積依頼者の事を全力で考える

私の仕事の取り組み方は、なるべく、イメージしやすくやり取りをして必要があれば、仕事をいただいている前にも何か知らの事を、用意したりします。

 

今回見積いただいた場合でも同様です。

 

 

仕事仕事というよりは、依頼者とのつながりを重視します。

 

仕事につながらなくても、話をしてて楽しい買ったりするので、気軽に問い合わせしてくれると意外と喜びます。

 

また、そういった方からの紹介という事で仕事につながることもよくあったりもしますしね。

 

という事で、県立高校から見積があった話でした。

ではまた。