店舗系で制作後のサポートなどで事業の変化や好転した事の紹介

制作した事例よりも、ホームページを制作した後にどうなったのか?

という事が知りたい方にぜひ見ていたきたいページです。

 

こちらの記事も合わせてご覧ください。

制作後にフリーペーパーの広告費を削減し制作費以上に利益が出てある事例
この事例は、かなり前に納品したホームページで、今はリニューアルして、細かいところは手付かずになっている状態ですが、ホームページでの集客に成功している例です。この記事は、ホームページの事をどこに相談したらいいかわからな...

 

 

見栄えだけのホームページならば、作るだけでいいのですが、ホームページを集客の一部として使う。

 

ホームページを御社のブランド力、認知度を高める為に制作するという事であれば、むしろ制作事例の後の制作後の変化が大事です。

 

そんな制作後の実例を紹介します。

 

弊社が制作した後の実例の一部を許可いただいた分を紹介!

まずは、佐賀の塾のホームページから紹介いたします。

 

ホクト進学塾という塾が佐賀の、ゆめタウン近くにあります。

元々は、兵庫南あたりで塾を経営されてありました。

 

当時は、チラシがメインの集客だったと記憶しています。

 

その時にホームページの制作の依頼をいただきました。

 

 

最初はとにかく記事を書いていただく事に専念していただいて、記事を書く為の、様々な事をお伝えいたしました。

 

どういう書き方、どういう事を意識したほうがいいのか等々・・・

 

また、その間に、サイトの不具合や、調整など様々な事を行いました、おおよそ3か月はその繰り返しを行いました。

 

そして、3か月を超えたあたりから、徐々に問い合わせが増えてきて

 

『ブログ見ました。』

 

ホームページ見てからの問い合わせが増えてきたと、依頼者の先生から連絡が増えてきました。

 

このあたりから、先生の戦略へのアドバイス・提案なども平行していきます。

 

不定期ではありましたが、問い合わせの数、問い合わせからの新規入塾の割合などを、数か月に1度という感じで、教えていただきました。

 

それによって、チラシからの問い合わせではなく、ホームページを見てからの問い合わせが増えてきているのを実感しました。

 

また、ホームページを見た方の場合は、チラシとは違って、普段の先生のイメージや、言葉、指導している姿が想像できるという事もあって、問い合わせからの入塾率が上がってきました。

 

 

それによってチラシの使い方も変化していきます。

チラシも一つのホームページへ誘導する媒体として使用されるようになりました。

※このあたりも、そういった表現の方が結果的に効果が長く続くという事もお伝えしています。

 

するとさらに、効果があがり、次第に、どういうキーワードからアクセスが来ているのかもはっきりしてきました。

 

以前は、電話帳のような、探し方としてのキーワードでアクセスが来ていました。

 

いわゆる 佐賀 塾 といったようなキーワードから、そのほか様々なキーワードでアクセスが来ていました。

 

ですが、次第に、あるキーワードで検索してくることが増えてきました。

 

それは、 ホクト進学塾 という塾名でアクセスしてきている。

 

これはどういう事かというと、 知らない人が塾を探している ではなく、 いろんな人にすでに知ってもらう率が増えてきたという事。

 

このあたりから、チラシなどを減らし掛かっていた年間の費用は下げる事ができていると教えていただきました。

 

2つのプラスの効果がホームページにより達成できた。

 

  • ホームページにかかった費用を超える売上をあげる事ができた。
  • チラシなど広告費は下げる事ができた。

 

実際はもっとたくさんのやり取りをしています。

ですが、これで、なぜ成功したのかが分かると思います。

 

 

ご依頼者も頑張られた。

そして弊社それをサポートした。

 

 

という事です。

 

これがを作って放置のホームページだと、うまくいきません。

 

ちなみに、ホクト進学塾様は、特別に月額1万円弱で、ホームページを運用されてあります。

 

その為、買い切りとは違い、月々費用が掛かりますが、初期費用が掛からない為、スタートしやすい方法です。

 

状況や仕様などがあえば、この方法で制作する事も可能です。

 

詳しく知りたい方は、電話、チャット、またはメールなどでお問い合わせください。