久留米や佐賀の店舗経営者様SEO対策方法教えます

 

SEO対策だけでないウェブコンサルで貴方のビジネスに総合的にプラスへ高めていく!
SEO対策とホームページ制作福岡ウェブプロダクションランマンは検索上位表示コンサルティングやホームページ制作を行う福岡のWEB作成業者。無料SEO対策サイト診断実施中!ウェブからの集客は売り上げアップは、検索アクセスからの流入は欠かせません。ブランドイメージが付くまでは、グーグル検索対策=売り上げとも言えます。

 

みなさん、どういったキーワードで上位表示を目指されてありますか?

そのキーワードが、地域のワードを含むキーワードであれば、お助けできるかもしれません。

 

なぜお助けできるかもしれないと言えるのかというと、

弊社のサイトも、地域のワードを含むキーワードで上位表示していて、そこから問い合わせにつなげているからです。

 

 

弊社の場合は、

紹介でのお仕事か、

検索からのお仕事の依頼の

2パターンでしか、受注していません。

 

 

 

チラシも、足を使っての営業というのも行っていません。

それでも仕事をいただけます。

 

 

 

これって、業種が違ったら、

今このページをご覧になられている貴方の業種でも同じようにネットでアクセス(お客さんを店舗に)を集められる可能性があるって話です。

 

なんだ

可能性か。

と思わないでくださいね。

 

可能性と申し上げたのは、しっかりとしたブログの記事を書いていただけるかどうかがわからないからです。

 

逆に言えば、しっかりとしたブログの記事を書いていただければ、十分SEO対策で集客ができるという事です。

 

しっかりとしたブログというのは、1つの記事で一人に対して、その人が満足する情報を提供する事です。

 

100ページあれば、100通りの人へアプローチするブログ記事ができあがるという事です。

 

 

逆ににうまくいかない人は、

1つのページだけで、100人に売ろうとしている人です。

 

 

 

商売はときどき恋愛にも例えられます。

まさにその通りで、

 

同じクラスの女子の〇〇さんって娘に、気持ちを伝える場合に

 

クラスの女子みんなへ

という風に伝えますか?

 

相手を馬鹿にしていると思いませんか?

 

もし、あなたが、告白されたとして、

クラスの人の女子、(男子)にも伝えたんですが、貴方も好きです。

 

って言われて嬉しいでしょうか?

気持ちが伝わるでしょうか?

 

伝わりませんよね?

 

 

 

だから、

〇〇さんへという風にその人だけに想いを伝えるはずです。

 

 

 

とはいっても、商売の場合は、多くの人に、伝える事が必要です。

 

 

どうするんだよそれは?

と思う人も居るでしょう。

 

でもね

 

よーく考えてください。

 

ブログ記事を読む人って、大勢で読みます?

1人で読んでくれる人が、たくさん居るって事ですよね?

 

みなさんへ、という伝え方がそもそも必要ですか?

要りませんよね?

 

であれば、

 

1人1人にむけて記事をしっかり書く事が大事ですよね?

 

 

 

さて、ここで、また疑問がわいていませんか?

 

 

1人1人に向けて記事を書くってどういう意味だよ

 

丁度例に当てはめれるサイトをこの間制作したのでまずはコチラをご覧ください。

 

三養基郡みやき町 トイレつまり 携帯を落としちゃった
お世話になります。水道屋のえがしらです。今回も緊急です。便所に携帯を落とした!!慌てて連絡がありました。自分の吹き出しあらーっ!それは大変ですね!すぐ向かいます!...
三養基郡基山町 トイレ 水チョロチョロでタンクに水がたまらない改善
お世話になります。水道屋のえがしらです。皆様、「トイレタンクに入ってくる水が弱い」「入ってくるべき水がちょろちょろ」「トイレタンクに水がたまるのが遅い」という方いらっしゃいませんか?今回のご依頼もそんな方...
佐賀市 トイレ水漏れ 水道代上がった お安く修理致しました。
お世話になります。今回はトイレ水漏れです。便器からチョロチョロ水が漏れる我々は便チョロと呼んでます。その便チョロが佐賀でご依頼ありました。トイレの水が少しづつ出てるの...

 

これらは、全て、同じ人に向けて書いてあるでしょうか?

トイレの修理ですが、地域も違えば、症状も違う。

 

そうです。

場所、状況、年齢、箇所、

何かが違えば、違う人という概念になりませんか?

 

 

ここで、答えですが、

 

 

うまくいかない人は、

 

トイレで困っている人

 

この括りで、すべての人へ情報を伝えようとして失敗するんです。

 

 

 

アレ?

恋愛の時の話と同じに感じません?

 

クラスの女子へ、貴方たちが大好きです。付き合ってください。

トイレで困っている人へ、トイレの修理は私に任せてください。

 

 

同じでしょ?

 

 

 

同じだ!

 

って思ったあなたは、SEOで成功する可能性がめちゃくちゃ高くなってます。

 

あとは、一人一人に記事を書けばいい・・・

 

 

 

という事なんですが、それも、人によっては

 

すぐネタ切れになって書けなくなる人が居ます。

 

なぜか?

想像ができないからです。

 

恋愛の場合は、その人一人一人が実際に居ますからそれぞれ、調べてラブレターを書けば良いんです。

 

ですが、商売の場合は、どういう人が、このブログ記事を読んでくれるかな?と、

人物像でさえ、先回りして用意必要があります。

 

そして、考えても、そのどういう人が、出てこない場合があります。

 

その時は、完全にあなたのリサーチ不足です。

ラブレターの例で言えば、好きなんだけど人の好みとか趣味とかを知らなすぎる状態です。

 

その時は、

 

貴方の商売において、誰が買ってくれるのか?

 

という、大きな枠組みから、

小さな事例や事象、症状、状態、性別、年齢、健康状態

などから、どういう人が貴方の商売を求めているのか?

 

をメモ帳でもいいので、書き上げてみてください。

 

そうしたら、どういう地域のどういう人

というのが、出てくるはずです。

 

または、

 

  • こういう事を求めているけど、〇〇は外せないって人
  • こういう事を求めているけど、一人では行かない。
  • こういう事を求めているけど、色は淡い方が好き。
  • こういう事を求めているけど、価格は安い方がいい。

 

 

と言ったような、貴方の商売においての、個人像が出てくるはずです。

 

 

それを、ご存知の方もいると思いますが、

 

ペルソナ

 

と言われるものです。

 

そして、

弊社が勝手に言っている事ですが、

 

ある程度、共通した項目を持っている層を、ペルソナ層と呼んでいます。

ターゲット層と呼ぶのが有名なのかもしれませんが、個別のペルソナ記事との関連性もある為、弊社ではペルソナ層と呼んでいます。

 

 

ホームページでは、そのペルソナ層に向けた大枠があって、あとは個別事例と、イレギュラー事例

 

これについて、記事を書いていくというのが必要になります。

 

 

ただし、ホームページの設計が、それに合っていないと、なかなか効果が出にくかったりもします。

 

ホームページの制作者が人の意識を考えず、デザイン優先させてしまうと、だれに対して何を伝えようとしているホームページなのかわからない。

 

という状態になっている方も少なくありません。

 

弊社が言うのは、人にわかりやすく、人に伝わりやすく、人が求めている情報をたくさん持っているホームページは、検索結果でも上位表示しやすいです。

 

逆に上位表示していない場合は、

人にわかりやすく、人に伝わりやすく、人が求めている情報が少ない場合が多いです。

 

 

貴方のサイトは、どちらですか?

とは言っても、出来る事がブログしか無い場合もありますから、まずは、だれに対して何を伝えるのか?

 

これをしっかり考えてページを増やしてください。

それが、未来の大きな売り上げにつながる可能性は十分高いですから・・

ではまた。