サーチコンソールでフェッチ回数制限でもフェッチして再インデックスさせる方法

 

SEOの検証などを行ったりしている方は、サーチコンソールでフェッチアズグーグルという機能をつかって、強制的に、記事を再インデックスさせたり、新規記事のインデックスを促進させたりする人も居ると思いますが、
一時期から、フェッチアズグーグルを行う際に、回数表現が消えてしまい、その代わり何度か連続していろんなURLをフェッチすると、エラーとなり、それ以降しばらく時間を空けないとフェッチできないようになってしまいました。

ですが、複数の記事をリライトしたり、記事を書いたりしたときに、どうしても早くインデックスさせたいと思いますよね。

そんな時はこうすれば、再度フェッチできます。

 

新しいグーグルアカウントを作ろう!

新しいグーグルアカウントを作成し、メインで使用しているグーグルアカウントから、サーチコンソールにログインした後、新しいグーグルアカウントをサーチコンソールに招待するようにして管理者を増やす感じにすると、その新しいグーグルアカウントで再度フェッチアズグーグルが可能になります。

 

 

今の所、それによる、マイナスな影響というのは、感じられませんが、行われるのであれば、自己の責任において実行されてみてください。

 

フェッチアズグーグルの制限後にも、フェッチアズグーグルで再インデックスさせる方法でした。