ホームページ制作 福岡

リフォーム会社の集客をネットで成功させるほぼ確実な流れを紹介!

リフォーム希望の人をホームページで集めるために必要な事。

ホームページでアクセスを集めるという事は、様々なキーワードで、様々なページへアクセスを集める必要があります。

 

メインの対応地域+リフォームでグーグル検索上位表示

ひとまずの目的は、地域キーワード+リフォーム でグーグル検索されたときに上位表示を目指します。

ユーザーは、電話帳のように、地域の業者を探す傾向があります。

リフォームを行うなら、できるだけ地元で、近い業者を選ぼうとするからです。

なぜか?

何かの不具合があったときに対応してもらえそうなイメージを持っているからです。

リフォーム会社がSEO対策で売り上げをあげるまでの9の工程!
基本は電話帳のような検索キーワードで上位表示を目指す! これが、完成すれば地域系の検索上位も十分可能です。 わかりやすく伝える為に、あらゆるリフォームができる会社だと仮定します。 ① ターゲット層を大雑把に一覧...

 

メインの対応地域+リフォームでグーグルマイビジネスで上位表示

初期の頃はグーグル検索で上位表示しにくいのですが、グーグルマイビジネスでは上位表示しやすいです。

 

グーグルマイビジネスとは、グーグルで検索したときに、検索結果の前に、キーワードに合う事業者だけのランキング表示をしている箇所の事を言います。

適切な情報と対処をしっかりすれば、問い合わせにつなぎやすい項目です。

リフォーム会社がグーグルマイビジネスで上位表示!見込み客を集める方法
商売を行う上で、見込み客が存在するだけで、安心感は増えますよね。 その見込み客になるであろう人をホームページにアクセスしてもらう為に、グーグルマイビジネスを利用しようというお話です。 B to Cであるリ...

 

 

見込み客が知りたい事をブログで書いてキーワードで上位表示

リフォームについても、壁紙の張替えなのか?

トイレのリフォームなのか?

玄関のリフォームなのか?

お風呂のリフォームなのか?

それとも寝室のリフォームなのか?

実際にリフォームしたらおおよそいくらなのか?

他にリフォームした事例はないのかあるのか?

リフォームをお願いする際に、どういう事に注意しておいた方がいいのか?

リフォームをする際に、駐車場はそのまま使えるのか?

リフォームをする際に、窓は開けれるのか開けれないのか?

どれくらいの日程で完了するのか?

騒音は?あるのか?あるならどれくらいうるさいのか?

近隣住民に迷惑が掛かるのか?

リフォームした後の耐用年数はどれくらいなのか?

色味はどう変わるのか?

匂いはあるのか?

 

というようなこういう事を知りたいのです。

上記はほんの一部です。

 

 

そして、書けば書くほど、いろいろなページがいろいろなキーワードで上位表示します。

そうすると、

 

それぞれのページからアクセスが発生します。

 

 

あなたも、もしかしたら、気になるけど知らないジャンルの事で知りたい事ってありませんか?

 

ほら、現に今私のホームページを見て、集客するための方法ってどういうの?って調べてますよね?

 

 

 

同じことなんです。

それを貴方の会社のホームページで行えばいいのです。

 

リフォーム会社が見込み客を集める為のブログの書き方
基本的には、対象者を決めて、その人の為になる記事を書いていきます。自分勝手な話や売りたい事ばかりを書くのではなく、あくまで、リフォームしたいと考える人が、知りたい!と思う事を書いていくんです。なので、ハウツーネタ、リ...

 

あなたのリフォーム会社の強みやメリットのページへ誘導

さて、様々なブログ記事やそのほかのページからアクセスが発生し始めてきたら、

 

そのページから、問い合わせページや、料金ページ、独自の安心する内容のページへ誘導しましょう。

 

これが、問い合わせ電話に繋がります。

 

リフォーム会社のコンテンツマーケティングのやり方とは?
リフォーム会社が行うべきコンテンツマーケティングとは? 貴方はコンテンツマーケティングが分からなくてこのページをご覧になられているはずです。 そもそも、 コンテンツマーケティングとは何でしょ...

安心感を出すページや情報を用意する事

でも、電話してもらうのは、安心感があって初めて問い合わせにつながるものです。

 

営業されるような事をされるなら電話したくないよね。

 

というような意識になる人はとても多いです。

だから、安心感をしっかり出してあげる事。

 

強引な営業はしない。

 

という事等、負担に思うような事をしないという事をしっかり明記してあげるとよいでしょう。

 

ホームページでお客様から来てくれるリフォーム会社になって売り上げアップさせる方法とは?
認知度を高める為に出来る事とは? このページでは、貴方の会社の事を知ってもらう方法をまとめています。 いわゆる認知度をあげるという方法としては、手っ取り早いのはお金を払って広告を出す事です。 テレビCM・ラジオ・新...

 

できるならソーシャルも運営しましょう

ツイッター、フェイスブックページ、インスタグラム、ラインアット

などのソーシャルを使って、見込み客とのやり取りをしましょう。

とくに、ラインアットは、現状の画像などを送ってもらったりするのに役に立ちます。

 

ツイッターのメリット/デメリット

ツイッターのメリットは、面白いネタや、役立つネタだったりしたページとして判断されると、全国からのアクセスが期待できます。

 

全国から来てもリフォームの仕事にはつながらないんじゃない?

 

と思う人も多いと思いますが、たくさんの人にツイッター経由で見てもらうというだけでも、ホームページの評価が上がって、グーグル検索の順位が高くなる傾向があります。

 

補足ですが、ページの役割においておおよそ以下のようなページに分かれます。

参考:ページの役割について

リフォームの仕事に繋がってアクセスを集めてくれるページ

リフォームの仕事に繋がるけどアクセスは集めてくれ無いページ

リフォームの仕事に繋がらないけど、アクセスを集めてくれるページ

 

 

 

また、うまくすると、テレビや、ラジオなどの取材がきて、あなたのお店のPRに繋がる事も珍しくはありません。

 

ツイッターのデメリットは、匿名のユーザーからの誹謗中傷や、言葉尻をとった揚げ足取りからの批判などが起こってしまう可能性が高い傾向にあるという事です。

特に、意図せずに、差別的だと取られてしまう事などは、最近のテレビでの報道などでご存知かと思います。

 

リフォーム事業集客におけるフェイスブックページのメリット/デメリット

フェイスブックページのメリットは、少しづつユーザーが減りつつありますが、リフォームなど高額な案件で決裁権を持っている年齢層が多いです。

その為、決裁権を持っている人とつながる機会はツイッターやインスタグラムよりは多い傾向があります。

 

また、誹謗中傷が行われにくいという特徴がありますので、ツイッターよりも成約率は高い傾向になりやすいです。

 

ですが、ツイッターやインスタグラムのユーザーよりも少ないという事もあるので、フェイスブックページのフォロワーを増やす為に活動する労力がかかります。

そこが最大のデメリットとなります。

 

リフォーム事業集客におけるインスタグラムのメリット/デメリット

インスタグラムは、画像をメインとしたソーシャルなので、ビフォーアフターの画像などが取り上げられやすいというメリットがあります。

また、ユーザー数も多いので、フォロワーを集めやすいという事もあります。

 

デメリットで言えば、投稿そのものに、次のどこかへのリンクなどが付けられないのと文章での説明のインパクトが低いので、イメージ戦略として使うような感じが強いです。

集客という事であれば、チラシのような「●●で検索!」といった事で、意識して別の媒体経由やグーグル検索からのアクセスしてもらうようにするなどのテクニックが必要になります。

 

 

リフォーム事業集客におけるラインアットのメリット/デメリット

ラインアットのメリットですが、リフォーム事業としてはとても大きなメリットがあります。

それは、何かというと、見積をする際の画像のやり取りのために、貴方の会社のラインアットアカウントと友達になってもらいやすいという事です。

 

これはどういう事かというと、ラインアットでやり取りをする為には、まず、個人の見込み客のアカウントと友達関係になってもらう必要があります。

インスタグラムや、ツイッター、フェイスブックページなどの場合は、意識して、フォロワーになってもらおうと思ってもなかなか、フォローしてくれません。

 

ですが、ラインアットだと、見積時の画像のやり取りをラインアットで行う為という名目だと、フォローしてもらえる確率が上がります。

見積時の画像のやり取りが終わったとしても、フォローさえ外されていなければ、ラインアットの管理画面から、一斉配信などで情報を送る事ができます。

これがラインの最大のメリットと言えます。

 

デメリットとして言えば、ラインアットだけでは無ないですが、やり取りがチャットという状態の為、なるべく早く対応してあげないと、相手の熱意が冷めるのがとても速いという事です。

なので、対応できる時間帯や、対応者の負担が上がってしまうことがデメリットとして言えます。

 

 

ソーシャルへのアクセスを受け取める場所こそホームページ+ブログ

先ほどのラインアットへの友達になるなどのフォロワーを増やす事も、基本はホームページを見てから行動するという事になります。

 

貴方の会社のラインアットの存在を知る切っ掛けが少ないからです。

そして、ソーシャルの投稿へアクセスが来たとしても、そこから、もっと伝えたい事があった場合も、ソーシャルの場合は、投稿する文字数の条件や仕様によって、切っ掛けを伝える程度しか投稿に情報量がありません。

 

そのため、母艦となるホームページが必要になるわけです。

この場合はブログ記事でも構いません。

 

ソーシャル

ホームページやブログ記事

誘導したいページ

 

という感じになります。

例なので矢印の動きは極端な感じになっています。実際はもっと複雑です。

 

ホームページ制作 福岡 WEB制作ならウェブランマンへ
TEL:0942-55-1259福岡 福岡市・久留米市・筑後市や近隣の市町村の事業者のWEB集客をお助け致します!ホームページ制作・月1万で結果がでるサイト!。費用対効果に優れたWEB制作!店舗/中小企業の検索順位を上げて売り上げアップの実績アリ。…

 

問い合わせパターンを複数用意する事

問い合わせは、電話がいい人、ラインがいい人、メールがいい人

見込み客の生活習慣や、仕事などでのITへの慣れなどもあります。

なので、どのパターンでも対応できるように、ライン、電話、メールはなるべく用意しましょう。

 

ホームページ制作 福岡 WEB制作ならウェブランマンへ
TEL:0942-55-1259福岡 福岡市・久留米市・筑後市や近隣の市町村の事業者のWEB集客をお助け致します!ホームページ制作・月1万で結果がでるサイト!。費用対効果に優れたWEB制作!店舗/中小企業の検索順位を上げて売り上げアップの実績アリ。…

 

リフォーム事業で、ラインアットを問い合わせ機能にするメリットとデメリット

前述していますが、一般の人がお客さんになる事業の場合は、フォロワーになってもらう切っ掛けになりやすいです。

その為、後からの特売などの一斉配信をすることもできます。

ただし、年齢層によっては、使い方が分からないという人も居ます。

とはいえ、だんだん、どの年齢もITツールとしてのラインに慣れてくるのは間違いありませんので、そういう意味では、そこまでデメリットというデメリットはないかもしれません。

あえて言えば、やはり対応者の時間をどう区分するのか?

という事は間違いなくあります。

対応時間を減らせばユーザーの利便性が減る。

対応時間を増やせば対応スタッフの負荷が増える。

そのあたりの落としどころを見つける必要はあるでしょう。

 

 

リフォーム事業で、電話を問い合わせにするメリットとデメリット

電話問い合わせの場合は、直接声で話せるので、比較的声の抑揚などで、相手の心理が測りやすい為、やり取りとしては、店頭への来店や、見積へ誘導するのは行いやすいでしょう。

 

電話のやり取りをする対応者、スタッフの力量で、次のステップに進めれるかどうかの差が出やすいです。

 

これに関しては、電話オペレーションを練習するなど熟練させておけばよいという事ではありますが、なかなか簡単に思うような臨機応変に対応させるというのは難しいと言えます。

 

とはいえ、基本的には電話は表示しておく事は必須だと思いますので、サイトへの表示についての事より、スタッフ育成を充実させていただければいいかと思います。

 

リフォーム事業で、メールを問い合わせ機能にするメリットとデメリット

メール問い合わせに関しては、成約率が低い傾向にあるといえます。

 

電話や、ライン、での問い合わせがあるのにもかかわらずメールでの問い合わせの場合は、心理的なハードルが高いと言えます。

 

なるべく、個人情報から遠いところからメール問い合わせを選択するという可能性があります。

 

とはいえ、メールでの問い合わせフォームを設置したから何か問題があるか?というと実際はほとんど無い為、窓口としては、表示しておくべき物です。

 

 

依頼を増やすヒントはアマゾンにある!?

ここまで、ホームページやソーシャルなどのネットの力で集客するためには?という事を書いてきましたが、実を言うとその集客をする前段階で、ユーザーの心理的なハードルを下げる必要があります。

 

通販大手のアマゾンにはその心理的なハードルを下げる機能があります。

 

その事について、解説します。

 

商品情報・スペックや仕様だけでは不安材料を取り除けない

アマゾンの場合は、サイトのデザインやページのデザインにかなりの制限があります。

PCサイトの楽天のようにスクロールさせて、購買意欲を高めていくという構成ができません。
(楽天のスマホサイトは別です)

 

その為、不安材料を取り除く要素がアマゾンでは特に必要になります。

では、不安材料とは何のことでしょうか?

 

口コミという機能で同じ不安の口コミを求める

商品のスペックは、ページに記載されてあります。

材料や、重要、サイズ、など記載されています。

ですが、

 

どれだけの使い方をすると、壊れやすい。

どれくらいの期間で使うと、壊れやすい。

どういう場所で使うと、壊れやすい。

持ち方や使い方、色、音、質感、材質、耐久性などは、

 

商品説明に記載されていない事が多いです。

 

もしくは書きたくても、書けない場合もあるでしょう。

 

ですが、そこをコメントで補う。

という構成になっています。

 

●●したら、壊れた。

■■しても壊れなかった!

等々・・

 

じゃあ、絶対に、コメントや口コミが必要なのか?

 

答えはまさかの、NOです。

 

 

なぜNOなのか?

 

 

知恵袋というサイトのユーザーと心理的には同じ、もちろんリフォーム事業でも同じ

そもそも、コメントや口コミは、そうアクセス数の0.5%以下くらいしかコメントされません。

(サイトの作り方や見せ方にもよりますが‥)

 

口コミを期待して、口コミに依存しても、いつまでたっても、安心するためのネタとしての口コミは増えません。

 

そもそも、必要な情報が掲載されていないと、検索順位も上がりにくいのです。

検索順位が低いとアクセスは発生しません。

 

という事は・・・

 

 

卵が先か鶏が先か?

 

口コミを増やす為には上位表示してアクセス数を増やさないといけない。

アクセス数を増やす為には、口コミの数が集まらないと上位表示しにくい。

 

という事になりかねません。

 

とはいえ、

 

人は安心する情報は欲しいのです。

 

例えば、知恵袋というサイトにはあらゆる不安を解消するための答えを求めている人が居るは安心したいからです。

 

だから必要なのが、不安を打ち消す情報、リフォーム事業も不安は大敵!

不安を減らすという事であれあば、不安に対する答えをもともとから記載して置けばある程度不安は解消されます。

 

●●なときでも大丈夫!その理由は■■があるから!

 

というような、不安に対しての答えをしっかりブログとして書いてあげる事です。

 

リフォームをする人は、安くない金額を払わなければならない事を覚悟しています。

 

ですが、

 

失敗したくない、変な業者に当たりたくない。保証やメンテナンスも手厚い方がいい。

その上で、近い業者で、安い業者はいないだろうか?

 

という事で探します。

ちなみに言うと、保証もばっちり!とただ書けば良いというわけではありません。

 

どういうときに困ったときでも、きちんと意味が伝わる保証の内容があるから安心です。

 

という感じで、きちんと説明するページが必要になります。

 

では、不安というのはどういう所なのか?

 

ここを、しっかり、考える必要があります。

その為のヒントや、サポートなどを弊社が行います。

 

サイトの設計にもつながるポイントです。

 

依頼相談したい気持ちを不安材料より強くさせてあげる!

 

ちょっと違いますが、こういう言い方もある意味あると思います。

デメリットより、メリットが上回ると問い合わせに繋がります。

 

どういう事かというと、

 

お金を払って対価を求めるのが商売ではありますが、

 

依頼者は払ったお金以上の価値を求めるのです。

 

だから、そう思わせるブログの記事を書く必要があるのです。

 

ここまでが、リフォーム事業でホームページやウェブで集客し、仕事の依頼につなげていくための流れです。

 

リフォーム事業のホームページを実現する為の話になります。

 

ホームページを貴方が持っているなら、ポイントを押さえて修正を実行していただく。

ホームページを貴方が持っているけど、リニューアルされるなら弊社へお任せください。

ホームページを貴方が持っていないなら、弊社で制作依頼はいかがでしょうか?

 

弊社へご依頼の際は以下のような感じで進めていきます。

 

リフォーム事業のホームページに上記の内容を掲載していくだけ

 

ホームページの役割は基本の情報と、ターゲット層(ペルソナ層)を決めます。

 

そして、ターゲット層(ペルソナ層)に含まれる個別情報をしっかり掲載していく必要があります。

 

だから、料金、サポート、保証内容、その為の個別事例や、施工事例など、

 

サイト内の笑顔の施工主や、お客様の画像なども、安心感を増やす為の材料という事になります。

 

各ページ全てを弊社が作ると時間も労力も費用も上がります。

 

ぶっちゃけて言えば、貴方の事業に関して、基本的には貴方の方が知識も経験も豊富なはずです。

 

そこを弊社が担ったとしても、結局貴方とのやり取りが増えてしまいます。

 

また、弊社いろんな事に絡むとなると手数料や、作業量が別途かかってしまいます。

 

であれば、

 

ブログという形で貴方に投稿してもらう事が一番早く手っ取り早く結果に近づくのです。

 

貴方の手でブログを書けば広告費用は激減します

 

ブログを書いていただければ費用は確かに減ります。

ですが、どう書いていいか分からない。

書き方や、文章力はどうしたら身につくのか‥‥

 

という不安があると思います。

そこは、安心してください。

 

まずは、打ち合わせをしっかり行います

 

打ち合わせというのは、どういうターゲット層がいて、どういう人を集めたい。

 

という事などを、しっかり弊社と話し合っていただければ、その時点でかなり見込み客を集めるための設計がわかります。

 

そして、その設計とブログの書き方は連動しますので、設計をしっかり用意する事で、ブログも書きやすくなります。

また、サーバーや、ドメインを準備する必要があります。

担当者様と、ラインや、フェイスブック、スカイプ、などで、繋いでいただいて、やり取りをしていきます。

月額サポートに加入していただければ、細かな記事の添削やレクチャーなども行います。

 

ホームページ設計に大事なのは、見込み客の種類を見出す事

 

設計の時点で見込み客の種類がわかっていないと、集客から問い合わせへの繋がりがめちゃくちゃになります。

 

めちゃくちゃになると、極端な言い方になりますが、

 

ラーメンと食べたい人に、カレーを進めるようなちぐはぐなホームページになります。

 

もしくは、ラーメンを食べたい人に、

 

「食べてきたらいいよ。」

 

という、そっけない案内になって、成約や問い合わせに繋がらないという事になります。

 

この設計を、しっかり理論だてて、構築できる制作会社は以外に少ないです。

設計の理論が分からないと、ブログ記事も書けません。

 

 

質の良い記事を書いてください。

 

だけで押し切ってくる制作会社は、何も理解していない場合があります。

 

 

中にはとんでもなくすごい人も居るとは思いますが、過去にリニューアルなどで携わったお客様は、設計や、記事の書き方のレクチャーや、サポートなどは全くなかった。

もしくは、大雑把に記事を書いてくださいだけしか言われなかったという風に聞いています。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、

 

ウェブで集客をしたい場合は、リフォーム会社のホームページやウェブでの集客に限ったことではなく、ほとんどの事業でも、考え方は同じです。

 

 

設計が完成すると、どういうブログを書けばいいのかが決まる

 

先ほども書きましたが、

 

設計が完了すると、その時点でサイトのコンセプトやどういう風に集客したい。

というのがはっきりとしてきます。

 

どういう風にブログを書けばいいのか?がわかります。

 

 

だから、ブログを書くときに、関連性が遠く離れている記事を書いて、歯抜け状態になるような事にはなりにくいです。

 

運営していって、検索アクセスのキーワードを見て、多少の修正を行う場合などは普通にありますので、その場合は月額サポートに加入していただければ、修正も行います。

 

ブログ記事をすらすらと書ける→リフォーム事業として集客に繋がる

ブログというのは、しっかり情報を書き込んで、見たい人に見せれる情報ページを簡単に増やす為の一つのウェブの機能です。

 

ですが、機能が良くても、それを操作する側の考え方や意識が整っていないと、何を書いていいか分からなくなります。

 

歯抜けの記事ばっかりになる事も多いです。

 

下手をすると、従業員さんのご飯の話とか、今日のお昼に何を食べた。

という事ばっかりのブログになりかねません。

 

たまに見たりしませんか?

もしくは、ライバルのリフォーム会社のブログに、それ誰が見たいのかな?という

 

ただの日記になっているブログ。

 

日記ブログの全てが悪いとは言いません。

 

人柄や、キャラクター、イメージ、などを伝えれるので、そういう意味では悪くはありませんが、基本の読みたい事がしっかり掲載されてあるからこそ、プラスに働く要素です。

 

プライベートではバカっぽい事をしてるけど、普段の仕事はばっちりこなしてる。

という感じであれば問題ありません。

 

でも書く事がなくて、日記になっている場合は、ほぼほぼ無駄に終わります。

 

 

上位表示からも遠くなり、検索キーワードからのアクセスも無くなります。

 

そして、問い合わせも減ります。

 

問い合わせも減るという事は売り上げも減るという事です。

 

設計がしっかりしていると検索の順位も上がろうとします

サイトの設計や構成がしっかりしているので、ブログを書いていけば書いていくほど、しっかりユーザーが求める内容のページとして、埋まっていきます。

 

そうすると、アクセス数の多いキーワードで上位表示につながっていったりします。

 

最初は●●+■■+▼▼という3つの組み合わせのキーワードで上位表示

作ってブログを書き始めた当初は、なかなかアクセスは集まりませんが、次第に3つのキーワードの組み合わせ検索で上位表示していきます。

 

3つのキーワードで検索するという、いわゆる複合キーワードでの検索は思ったよりアクセスはありません。

 

 

ですが、3つのキーワードでの組み合わせという事は、条件を3ついれた検索とも言えます。

 

 

もしそこにドンピシャな記事が書けていたら・・・

 

地域合ってる。

金額もあってる。

依頼したい内容もあってる。

 

この状態にもしなったら・・・・

 

問い合わせに繋がる可能性大です。

 

 

検索キーワードとページの掲載情報がマッチしていたら問い合わせに繋がる可能性が出てきます

 

あれと、これと、それもできる業者さんはいますか?

という質問に手を上げれるか上げれないかです。

 

地域は近くて、保証もついていて、金額もそこまで高くなく、トイレのリフォームしてくれる会社を探している人が居たとします。

 

もしあなたの会社がその条件に合っていたら、ちょっと詳しく聞かせてくれませんか?

 

という流れになりますよね?

 

それが、もし何かの条件がマッチしてなかったら…

 

当然ですが、問い合わせにはつながりません。

 

検索キーワードと内容をマッチさせる事がどれだけ大事なのか、なんとなくわかってきたのではないでしょうか?

 

 

だから、サイトの設計に、どういう見込み客の客層(ペルソナ層)があるのかを決める必要があるのです。

 

なぜか?

 

客層(ペルソナ層)に合っている時点で、その層に合わせたブログ記事を書く事になるので、大きく条件が外れる事がそもそも無くなるからです。

 

ここまでホームページのブログ投稿を継続して続けることができれば、相当な広告費の圧縮と、成約率の向上が期待できます。

 

 

 

とはいえ、ホームページの運営の不安はゼロにはなりませんよね・・

 

 

ホームページブログの運営が不安でも大丈夫

 

だから、たくさん会話して、なぜ、そういう考えなのか?

なぜ、その必要があるのか?

なぜ、うまくいくのか?

そして、その一つ一つの工程を、出来る限りわかりやすくしたいと弊社は考えます。

初期はかなり小まめにやり取りをすることになります。

 

 

月額サポートを用意しています

 

ですが、完全に費用ゼロ円で、様々なサポートやレクチャー、質問への回答などを行うと、それこそ、ホームページ制作費用を高くするしかなくなります。

 

でも、ホームページ制作費用を高くすると、集客のコストを下げる為のホームページなのに、費用が高かったら意味がない。

と弊社は考えます。

 

だから、月額サポートという形で、サポート費を負担していただければ、貴方のブログへの不安を出来る限り無くす事ができます。

 

サポートを受けてブログを書いていただければ地域名+リフォームで上位表示も可能

中間的な目標は地域のキーワードと、業種名で上位表示です。

 

なぜか?

 

上位表示は過程であって、目標ではないからです。

 

上位表示をしたけど、問い合わせに繋がらない。

 

という事だと、上位表示も意味がないからです。

 

問い合わせや売り上げにつながるようにホームページはあるべきだと考えます。

 

とは言っても、検索キーワード上位表示は、グーグルの都合もありますので、絶対保証するわけではありません。

 

ですが、過去に制作したお客様は、ほとんどが上位表示されてあります。

また、そこをクリアしないと、弊社もブログに実績としては大手を振って書けません。

弊社もまた、貴方が求めているウェブ集客で成り立っているからです。

 

ちょっと、長い感じになってしまいましたが、これがリフォーム会社がウェブで集客するための話でした。

参考になれば幸いです。

ではまた。