ホームページ制作 福岡

サイト全体のPVが上がらない!ブログ記事の関連記事が関連してないかも?

PVが上がらない理由は単発流入で終わっているから

ページビューが上がらない理由というのは例えばソーシャルからのアクセスもしくは Google 検索からのアクセスなどは発生しているのにそのページ以外を見られることがないという場合によく起こります

 

どういうことかと言うと目的のページを見るというような形でユーザーは動くのですが必ずしもその見るページによって解決するかどうかはわかりません。

何かしらを改善する方法というようなページがあった場合に、その改善する方法を行う人が女性だった場合というのと、男性だった場合というのでは書き方は変わるはずです。

 

また年齢や置かれている環境の違いなどで微妙な目的とは違う記事になってしまうという場合はあるかと思います。

 

そういった時に非常に近い関連度合いの高い記事などを複数書いておくことで例えば a という記事では満足できなかったかもしれないけれども b という記事で満足させるということは十分ありえる話です。

 

 Amazon などを見ていただければよくわかるのですが何かしらの商品を購入した際に非常に近い記事に当たる商品のリストが関連記事だったりこちらの商品を購入した方はこちらの商品も購入していますというような言い方でほぼほぼ似たような商品が表示されることはあるかと思います。

 

有名なメーカーの家電品を買おうと思ったけれども金額があまりにも高すぎて購入できない、でもメーカーは別になるのですが同じことを昨日として持っている別の家電が関連の商品として出ます。

 

最初に目的とした家電は買わなかったとしても似た別のメーカーの商品を購入するということはよくある話ですよね?

 

そしてそのページがめくられることこそがページビューということになるわけです。

 

 PV が上がらない理由の中にそもそもを検索上位表示からアクセスが無いもしくはソーシャルなどの誘導で一番最初のアクセスも誘導することができないということであればまずはそれを作ることが先ですが、

 

たくさん記事を書いているにも関わらず PV が思ったほど上がらないという場合は一撃離脱の記事の構成になっている場合が可能性として考えられます。

 

how to ものなのでこういうときはこうするといいよっていうのがあまりにも明確に答えがある場合はどうしてもその単発記事でのアクセスということにはなるかもしれませんが基本的にそれ以外のことに関してであれば似たような方法はこれであるとか近い方法としてはこういうやり方もあるというような感じで別の記事を関連記事として表示することによってページビューを上げるということは可能になります。

 

単発流入になる原因の一つは関連記事リストの表示内容

 

次に単発になる原因の一つ星関連記事のリスト表示内容というわけですがこれはどういうことかと言うと関連記事という機能はホームページに備わっているなのでどの記事を見ても関連記事という枠が表示されているのですが、いざ相談を受けた後に内容を見てみると関連の度合いが非常に大雑把な枠組みで関連しているというような形で関連記事表示となっている場合が多いようです。

 

どういうことかと言うと例えばスポーツ用品という枠組みで書けばサッカーボールも野球のボールも関連した商品、もしくは関連した記事ページということになります。

 

ですがもしその記事を見ているユーザーがサッカーボールのことについてだけとにかくいろいろ調べたいというような人がいた場合野球のボールは全く該当しないという話になります。

 

確かにスポーツというカテゴリで区切ってもいいのですがインターネットの情報を見るとした場合にスポーツと言うくびれをした場合にあまりにも内容が広すぎてどういうスポーツのどういう内容のどういうことについてのことなのかというところを突き詰めることができません。

 

突き詰めることができない情報をホームページに載せたとしてもそれを見たいというユーザーはほとんどいませんなぜならばユーザーが求めているものは突き詰めた一つのページにあるからです。

 

なので初期の頃はスポーツというカテゴリでブログの記事を分類していたとしても記事の内容や記事の数にもよりますが運営はそのカテゴリーをもっと細かく修正していく作っていくということが必要になるかと思います。

 

それは過去の記事の修正であったりするとも言えます。

 

ホームページの仕様によって、関連記事の表示され方や表示アルゴリズムが違う

 

ホームページの仕様によって関連記事を表示かたや表示したい記事が表示されないというようなことがあります。

 

例えば WordPress などの関連記事を表示するそういう機能を持ったテーマであったりプラグインなどは存在します。

 

その関連記事の区分というのはカテゴリーによって区分されたり記事のタイトルによって区分されたりというようなことで区分するためのアルゴリズムというのは微妙に変わります。

 

なのでそのホームページの関連する理屈というようなものを知った状態にしておかないと関連記事が全くバラバラの記事が並ぶだけになってページビューが上がらなくなるということがあります。

 

ではどうするかと言うと、ほとんどの関連記事を表示するアルゴリズムというのはカテゴリーに依存するところが多いと思います。

(この辺りはホームページを作ってもらった人や会社などに確認されてください)

 

このカテゴリーの設定を例えばサッカー・野球というようにスポーツの種類で区切った場合。

 

サッカーの記事と野球の記事というのが関連するというのはあまりないかと思います。

 

その意味はそもそものルールが違うということでそれぞれのスポーツの良さや楽しみ方使う道具、なども全く違うからです。

 

それらが違うということが見る人の楽しみ方やしてもまた変わるという話になるわけで、野球の楽しみ方やサッカーの楽しみ方は全く違うものであるということがわかるはずです

 

ということであればサッカーで楽しかったよというような記事があった場合の関連記事に野球の記事が出てきたとしてもサッカーを楽しみたい人から見たら野球の記事は関連していないと言えます。

 

この場合カテゴリーとしてはサッカーとして分けるとしていた場合はあくまでサッカーに興味がある人たちのための記事を書いていくということにしてそのカテゴリーの中に野球の記事は書かないということになります。

 

そうすることで少なくともサッカーという枠組みから逸脱した生地が関連記事に表示されるということはなくなります。

 

ということは一つのサッカーに関する記事を見た時にまた別のサッカーに関する記事を見るもしくはみたいと思わせるような関連記事が並ぶということになります。

 

これは当然野球にも同じように言えることです。

 

例としてサッカーと野球というような言い方をしましたがもっと細かくカテゴリを小さく書いていくことによって具体性というのがどんどん上がっていきます。

 

サッカーに関する記事を書いた時に特定のサッカーのチームについてのことを書くとした場合、 AチームとBチームのことは全く別の記事になるわけです。

 

Aチームが好きな人は Aチーム に関する記事が読みたいわけであり良いチームのことを知りたいわけではない可能性が高いといえます

この場合同じサッカーというくくりだったとしても a チームというカテゴリーと b チームというカテゴリーでそれぞれカテゴリーにそれぞれのカテゴリーに対応した記事の内容をブログとして書くということが必要になってくるというのがおわかり頂けると思います。

 

関連した記事が単純に少ない。

関連記事が少ないということはそのまま文字のとおりでありますが、分かりやすく説明すると、サッカーという記事という意味で言えば関連した記事がたくさんあると見えそうだったとします。

 

サッカーの中の A チームに対することの期日が10個 b チームに対しての記事が2個生地があったとします。

 

 Aチームに対する記事を見た場合には過去の記事として10個記事があるわけですからそれらが関連表示として表示されるということになります。

この場合ホームページの表示の使用などにもよりますが表示件数が5件ということであれば色々な生地でほぼほぼ関連記事は何かしらの記事で表示し埋められているということが行われていると思われます。

 

ですが B チームに対する記事を書いた場合にまだ記事の数としては2個しか書いていないっていうことであればこの記事に対する関連記事はもう一つの記事しかないと言わざるを得ません。

 

その場合 B チームに対する記事のアクセス数 PV 数というのは当然上がりません上がったとしても、にこの記事のどちらかがどちらかのページを管理技術士表示するだけということであれば全てを見てしまえば他のページを見ることはなかなかないと言えます。

 

この場合 B チームを見たとしても A チームのことに対してもその興味が出そうな記事の書き方をするということであれば、まだページ数を上げるということは考えられます。

ですが、それでも基本的に B チームは B チームのことしか書いていないそしてそれを見る人の Bチーム のことしか興味がないという場合であればやはり記事数が足りないと言わざるを得ません。

 

なので記事を書く場合に一つの生地で何かしらを達成するではなく一つの記事を書くということはそれを支えるいくつかの関連した記事も同時もしくは近いうちに記述するということをしておかないと PV は上がらない、上がりにくいと言えます。

 

PVを増やす為のまとめ

関連した記事を少なくとも5~10記事は書くべし

記事単体別に関連記事リストを見て本当に関連しているかをチェック

ホームページの仕様での関連記事表示はカテゴリやタイトル見直しで関連記事表示させる

アクセス解析で、関連記事が読まれているかを調べる。

 

これらをしっかりクリアするとPVは増えていきます。

 

という所で今回はこのあたりにしておきます。