久留米市の事業者がホームページを作るメリットとは?デメリットはある?

久留米市で事業を行っている方がホームページを作る事に関してメリットがあるのかないのか?

ローカル地域でもホームページでどういう事ができるのか?

などを紹介します。

 

福岡県久留米市の人口はこれくらい

 

福岡県久留米市の人口は305,958人で、世帯数は134.504世帯

そのうち、

男性が145,106人

女性が160,852人

という状態です。

また年齢別だと以下のようになります。

 

年齢
0歳 1,323 1,378 2,701
1歳 1,386 1,286 2,672
2歳 1,513 1,371 2,884
3歳 1,541 1,441 2,982
4歳 1,463 1,473 2,936
5歳 1,495 1,405 2,900
6歳 1,544 1,406 2,950
7歳 1,534 1,392 2,926
8歳 1,543 1,441 2,984
9歳 1,418 1,408 2,826
10歳 1,537 1,384 2,921
11歳 1,456 1,361 2,817
12歳 1,379 1,372 2,751
13歳 1,418 1,374 2,792
14歳 1,369 1,449 2,818
15歳 1,457 1,429 2,886
16歳 1,593 1,432 3,025
17歳 1,558 1,455 3,013
18歳 1,604 1,531 3,135
19歳 1,593 1,539 3,132
20歳 1,597 1,550 3,147
21歳 1,657 1,649 3,306
22歳 1,634 1,663 3,297
23歳 1,640 1,607 3,247
24歳 1,656 1,661 3,317
25歳 1,533 1,570 3,103
26歳 1,528 1,587 3,115
27歳 1,510 1,616 3,126
28歳 1,477 1,548 3,025
29歳 1,580 1,619 3,199
30歳 1,553 1,612 3,165
31歳 1,631 1,655 3,286
32歳 1,664 1,786 3,450
33歳 1,764 1,809 3,573
34歳 1,922 1,902 3,824
35歳 1,820 1,893 3,713
36歳 1,865 1,973 3,838
37歳 1,861 1,928 3,789
38歳 1,952 2,037 3,989
39歳 2,040 2,023 4,063
40歳 2,044 2,064 4,108
41歳 2,085 2,175 4,260
42歳 2,019 2,173 4,192
43歳 2,169 2,224 4,393
44歳 2,328 2,306 4,634
45歳 2,314 2,220 4,534
46歳 2,167 2,207 4,374
47歳 2,054 2,190 4,244
48歳 2,058 2,136 4,194
49歳 2,037 2,095 4,132
50歳 1,950 2,060 4,010
51歳 1,860 2,065 3,925
52歳 1,586 1,697 3,283
53歳 1,777 1,998 3,775
54歳 1,751 1,942 3,693
55歳 1,747 1,820 3,567
56歳 1,724 1,853 3,577
57歳 1,694 1,811 3,505
58歳 1,664 1,923 3,587
59歳 1,794 1,916 3,710
60歳 1,741 1,897 3,638
61歳 1,763 1,828 3,591
62歳 1,789 1,974 3,763
63歳 1,916 1,973 3,889
64歳 1,835 2,026 3,861
65歳 1,951 2,181 4,132
66歳 2,098 2,252 4,350
67歳 2,246 2,365 4,611
68歳 2,206 2,516 4,722
69歳 2,495 2,715 5,210
70歳 2,256 2,494 4,750
71歳 2,030 2,424 4,454
72歳 1,080 1,430 2,510
73歳 1,276 1,674 2,950
74歳 1,483 1,901 3,384
75歳 1,356 1,827 3,183
76歳 1,426 1,794 3,220
77歳 1,433 1,836 3,269
78歳 1,187 1,678 2,865
79歳 1,013 1,491 2,504
80歳 1,028 1,527 2,555
81歳 1,001 1,616 2,617
82歳 904 1,520 2,424
83歳 871 1,497 2,368
84歳 740 1,297 2,037
85歳 704 1,294 1,998
86歳 566 1,174 1,740
87歳 453 1,078 1,531
88歳 413 942 1,355
89歳 320 877 1,197
90歳 282 746 1,028
91歳 225 628 853
92歳 166 572 738
93歳 135 448 583
94歳 108 380 488
95歳 61 296 357
96歳 44 240 284
97歳 29 179 208
98歳 20 145 165
99歳 12 59 71
100歳 7 57 64
101歳 2 45 47
102歳 2 31 33
103歳 1 18 19
104歳 1 9 10
105歳 1 5 6
106歳 0 2 2
107歳 0 2 2
108歳 0 0 0
109歳 0 0 0
110歳 0 0 0
111歳 0 1 1
112歳 0 0 0
113歳 0 1 1

 

 

こう見ると、久留米市という所は、わりと人口は多いほうに入るのかなという感想ですね。

また、ウェブを利用するであろう世帯を例えば16歳から、50歳くらいまでにみると

 

男性は63,457人

女性だと、64,495人

合計127,952人

いる計算になります。

 

多くの人数にアプローチできる媒体、それがホームページ

 

商売をする上で、一般の消費者をターゲットにするのか、商売をしている事業者をターゲットにするのかで、戦略は変わるとは思いますが、それでも127,952人にアプローチできる可能性がある広告媒体はあるでしょうか?

新聞広告?

新聞折り込みチラシ?

フリーペーパー?

確かに、今でも地域によっては効果的な場合もあります。

 

ですが、スマホやパソコンタブレットを使う事が日常的に普通になってきている中で、ウェブサイトでの集客は欠かせません。

なぜなら、お店の評判や、お店そのものが公開している情報などを見たうえで、お店に行くからです。

 

紙媒体を含めた集客から来店や購入までのプロセス

 

紙媒体

ウェブで情報収集

来店

 

 

となるんですね。

スーパーなどの生鮮食品などは、もうすでにスーパーというお店の業態を知っていたりするので、チラシが良い場合もあります。

 

ただしそれも、年々チラシを受け付けないという人達が増えてきている事で、スーパーの情報などが欲しいけど受け取れないというスーパーチラシ難民がいるのも間違いないのです。

 

平たく言えば、ウェブサイトは必須という事になります。

 

 

予算がある所は、来店から、何らかの登録、スマホへのプッシュ通知などでホームページに掲載した情報を見て来店などは可能でしょう。

 

どちらかというと弊社が今までホームページ制作の仕事を受け持ってきた事例でいえば、むしろ広告予算を削りたい。

でも集客力は上げたい!

 

という、矛盾した事を希望される事業者の方へホームページを制作してきたように感じます。

 

これは、別にそういう希望をされる方すべてを否定するような意味ではなく、事業者ならそう考えても不思議はないと思います。

予算削っても集客が増えるならいいですよね。

 

ホームページを作るデメリットとして言えばどんな事が言えるか?

キチンと育てていく覚悟が必要。

細かい需要を拾っていく必要があるために、集客する作業としてはちょっと大変。

 

チラシのように突発的な効果は出ない場合が多い
(出ないわけでは無いがコントロールしにくい)

 

ホームページの維持費

サーバー費用や、制作会社によっては月々の費用がかかります。

弊社の場合は、サーバーやドメインなどは弊社を経由せず直接行ってもらうため、弊社へ払うランニングコストはほとんどありません。

サポートとして希望であれば、用意致しますが・・

 

 

メリットとして言えば、長く効果のある集客媒体に育てる事ができる

弊社が制作したお客様では、長年チラシやフリーペーパーに予算を投じてきた事をホームページから集客できるようになって辞めたという方が居ます。

結局チラシを見てもホームページ見てから来店になるから、最初からホームページにだけ力を入れてお居たほうが良いという考えのようです。

 

またチラシそのものは、予算さえあればいつでも実行できるため、緊急性があったとしても対応できる。

ホームページの場合はキチンと見込み客への情報をブログという形で表現しておけば継続的に効果が出る。

という事でいえば、力や費用、リソースを注ぐ集客媒体としては、上位に入るといえます。

また、先ほどは紙媒体から、ウェブサイトを調べるという話をしましたが、実は他の媒体で口コミが広がったとしても同じ行動になるんです。

 

なんらかの紹介

ウェブで情報収集

来店

 

こういった点を踏まえると、メリットが多く作る事は必須で必要な情報を更新していくことで集客につながるといえます。

 

ホームページを作るというのは、まずはそこから入ってもいいのではないでしょうか?

予算10万円!で、制作してほしいという事もあってもいいと思います。

その中で、ちょっといろいろ教えてほしいという事もあってもいいと思います。

 

ただし、低価格で弊社がホームページを制作する場合であれば、ブログの記事をしっかり書いてほしいという事です。

熱意は欲しいところですね。

 

今や0円で作ってくれるようなサービスもあるなか、弊社へ依頼される人がいるのです。

それはなぜか?

0円のホームページやサービスでは、まともな集客ができないんです。

 

 

弊社がホームページを作るうえで、基本的には集客する方法でいえば、ホームページの下層のページで、複合的なキーワードで検索するユーザーを取り込んでいくという戦略です。

 

他の制作会社でも同様の事は、あると思うのですが、久留米市ではおそらく弊社と同じくらい細かい依頼者の立場に立って記事を書きの為のレクチャーを細かく行いつつ、その費用を取っていないというのは、無いと思います。

 

その理由は大きく2つあって、

 

  • ①記事の書き方などの思考を制作会社が持っていないというパターン。
  • ②書き方のレクチャーなどはできるが、月々のサポート費用がかかるというパターン。

 

かなと思っています。

また、①②ともにすごい会社さんは全国にはいっぱいいます。

 

ですが、会って話すという事はなかなかできないです。

久留米市という地域は、まだまだローカル地域であることは間違いありません。

スマホやタブレットなどを使う文化は根付いてきましたが、人と人とのコミュニケーションが欲しいという人はまだまだたくさんあります。

 

また、一度お会いして、スカイプやフェイスブック、ラインなどのツールの使い方を覚えていただければ、それこそ、信頼関係もできつつ、遠隔でもやり取りができるはずです。

 

その上で費用を出来る限り抑えて、記事の書き方が聞ける。

 

そういう意味でいえば弊社以外には無いのではないかと思っています。

今からは地方が情報を発信して都心や競合にある一部では圧勝するという事が起きてきます。

その為にツールの一つとしてホームページ作ってみ見ませんか?