ホームページ制作 福岡

リフォーム会社のコンテンツマーケティングのやり方とは?

 

リフォーム会社が行うべきコンテンツマーケティングとは?

 

貴方はコンテンツマーケティングが分からなくてこのページをご覧になられているはずです。

 

そもそも、

コンテンツマーケティングとは何でしょうか?

 

コンテンツマーケティングで検索して調べてみると

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法です。

このページでは、コンテンツマーケティングを理解し実践するために必要な知識や考え方を解説しています。ここで解説している内容を理解し、実践して頂けば、ホームページへの問合せを増やしたり、メールマーケティングを活用して商談を生み出したりすることができるようになります。(顧客育成を上手に行う会社は、商談開拓のコストが33%削減でき、営業のアポイントが1.5倍に増えるという統計データがあります)※米フォレスター調べ

引用元:https://innova-jp.com/content-marketing/

とあります。

 

引用元からの概要からさらに抜き取ると

 

読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす。

 

とあります。

 

基本的には、これで全てを説明していると言えます。

 

ですが、実際には、細かい項目を省略しているわけです。

 

そして、その省略されてある事こそが、一番大事な事なのですが、それがなかなかわかりません。

また、業界ごとのコンテンツマーケティングとなるとさらにわからなくなります。

 

 

当然、リフォーム会社が行うべきコンテンツマーケティングという概念も存在するのですが、言葉で表すと

 

読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす。

 

基本的には、上記の事をブログで書いていくという事になるのですが、ぶっちゃけざっくりしすぎて、わからないと思います。

 

たまにセミナーとかで話を聞いたりして、

 

だからどうすればいいの?

 

という事を体験したことある人もいるかもしれませんね。

 

 

 

コンテンツマーケティングをリフォーム会社として行う為には?

 

読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす。

この文章を分解してまとめていきます。

 

コンテンツマーケティング概要から分解します

購入してもらうまでを目的とします。

分解すると、このような単語に分解できます。

 

  • 読者
  • 価値あるコンテンツ
  • 見込み客
  • ニーズを育てる
  • ファンにする

 

では、その分解したことをリフォーム会社が行うという事に置き換えていきましょう

 

リフォーム会社のコンテンツマーケティングの読者とは?

リフォーム会社の場合行うサービスは、リフォームを行う場所によっていろいろあると思います。

  • トイレのリフォーム
  • 風呂のリフォーム
  • 玄関のリフォーム
  • リビングのリフォーム
  • キッチンのリフォーム
  • 庭のリフォーム

などなど・・・

 

リフォーム会社が行うコンテンツマーケティングの読者とは、上記の事に興味がある人

 

という事になります。

 

では、そのコンテンツをブログで書いていくときに、全てのリフォームの事をだだだーーーーーーっっと書いていっても、誰にも伝わりません。

 

そもそも、リフォームで調べる人は、●●のリフォームという感じで、調べます。

 

という事は、リフォーム会社がコンテンツマーケティングとしてブログを書く場合には、

 

●●のリフォームの◆◆について▼▼に注意しよう。

 

というような事を書いていく必要があります。

これは、条件をしっかり書いていかないと、読者に伝わらない事になるからです。

 

小学生の作文などの、

ディズニーランドに行ってきました。

楽しかったです。

 

では内容が伝わらないのと同じです。

 

 

 

いつ、どこで、どういう人と、どういう所に行って、どういう体験をして、どう楽しかった。

という事を書かないと伝わらないんですね。

リフォームのコンテンツマーケティングとしてのブログも同じです。

 

読者を意識したら、その背景を予測しよう

 

また、どういう理由があってリフォームに興味があるのか?も考えておく必要があります。

 

  • 家族が増えた
  • 家族が減った
  • 引っ越しした
  • 築年数が古くなった
  • 仕事の関係

 

などが切っ掛けや常態になっていて、生活の不便を解消する為という事になります。

 

ざっくりとした言い方を例えると、

 

●●で◆◆が不便だから、◆◆のリフォームに興味がある。

 

といえます。

 

 

実際に言葉を例で入れていくとすると

古い家で、トイレが不便だから、トイレのリフォームに興味がある。

という事になります。

 

だから、リフォーム会社が行うコンテンツマーケティングの読者とは

古い家で、トイレが不便だから、トイレのリフォームに興味がある人

 

●●で◆◆が不便だから、◆◆のリフォームに興味がある人

 

という事になります。

あとは、●●や◆◆で伏字になっているところを置き換えれば、大雑把にではありますが、わかると思います。

 

違う言い方で言えば、ターゲット層に該当する人

とも言えます。

弊社の場合では、個別事例の人をペルソナという言葉で言う為、

ターゲット層をペルソナ層という言い方をしています。

 

これはボックスのタイトルです。

●●で◆◆が不便だから、◆◆のリフォームに興味がある人

 

 

リフォーム会社のコンテンツマーケティングの価値あるコンテンツとは?

 

価値のあるコンテンツとは知りたい情報と言えます。

 

では、知りたい情報とは何のことでしょうか?

 

これには、対象者を決めないといけません。

 

先ほどの読者が対象者になります。

 

言いなおすと、

 

読者が知りたい事

価値あるコンテンツ

 

と言えます。

 

 

では、リフォームについて読者が知りたい事とは何でしょうか?

 

リフォームの事で知りたい事という事になります。

 

読者が知りたいリフォームの事

 

では、読者が知りたいリフォームの事とは?

 

 

その読者が、何に困っていて、どういうリフォームをしたいのか?から読み取ることができます。

 

例えば、

トイレが古く使いにくいからトイレのリフォームをしたい読者の場合

 

その為に、実際にトイレのリフォームをするために、知っておかないといけない事があるはずです。

 

  • 誰がトイレを使うのか?
  • 高齢者?
  • 小さい子供?
  • 和式?様式?
  • ウォシュレットの有無?
  • 便座の温度調整?
  • 水のタンクの有無?
  • どこに頼めばいい?
  • 費用は?
  • 日時は?
  • 工事の時間はどれくらい?
  • その間のトイレの利用はどうすればいい?

 

これらが、

トイレが古く使いにくいからトイレのリフォームをしたい読者の場合の価値あるコンテンツ

 

と言えます。

 

 

 

リフォーム会社のコンテンツマーケティングの見込み客とは?

 

リフォーム会社のコンテンツマーケティングでの見込み客とは、

 

どこかしらのリフォームについて、不便を解消したいと思っている人

 

と言えます。

 

リフォーム会社が行うコンテンツマーケティングのニーズとは?

 

ニーズとは、欲しいとは思ってはいないけど、改善したい、何かを購入したい意思です。

 

なので、リフォーム会社として考えるべきは、改善したときの利便性、長期で見たときのコスト、作業効率、事故やケガの防止が出来る事を、毎回の記事で記載していく必要があります。

 

そうする事で、欲しいから、買いたいへの気持ちが変わります。

その時により多くみていたサイトやページが、もし施工対象エリアであれば、露骨な高い金額でなければ、依頼される可能性が上がります。

 

リフォーム会社が行うコンテンツマーケティングでファンにするとは?

 

ファンになる心理という物があると思います。

 

テレビを見ていて、おもしろい人、楽しい人、かっいこいい人、綺麗な人、

 

もしくは、知識が豊富で、頼りになりそうな人

そういった方達は、何かしらのイメージをもたれていますよね?

 

コンテンツマーケティングでは、基本的には、必要な情報を求めている人に、必要な情報を教えてあげる。という事になりますが、

 

 

その教え方や言葉遣い、もしくは、顔出しなどで、親近感を与える事で、芸能人ほどでは無いですが、ファンに近い心理持ってもらえる事はよくあります。

 

ファンに近い心理を持ってもらえる事というのは、どういう事かというと、

 

  • サービスや商品を買ってもらいやすくなる。
  • クレームになりにくく成る。
  • 多少他社よりも価格が高くても買ってもらいやすくなる。

 

という事に繋がります。

だからこそ、何かしらに特化した営業スタイルが求められます。

 

その上で、仕事のレベルも高くしておくという事も必須事項になります。

 

リフォーム会社のコンテンツマーケティングでは、浅い情報ではなく、深い情報や個別の例などもしっかり、ブログ記事やウェブページとして公開していく事で、ファンになってくれる読者は多くなりやすいと言えます。

 

 

上手にキャラ設定などをすると、仕事がうまくいくだけではなく、テレビやラジオなどからの出演オファーなどにもつながります。

 

こちらは、リフォームでなく、畳の職人さんのホームページですが、キャラを立てつつ、仕事の質を高く維持する努力をされてある会社さんです。

 

佐賀というローカルのテレビ局やラジオなどは、多く出演の経験を持たれてあります。

この様に、販売集客、販促、違う、メディアへの露出の切っ掛けになったりもします。

 

コンテンツマーケティングの最終目標は、会社名やメディア名で検索される人を増やす事です。

その為に、貴方がもつ経験を公開して貴方の会社の魅力を広めていってください。

 

という所で今回はこの辺で。

ではまた。