久留米地区、佐賀県をメインに、売り上げにつなげるホームページ制作を行っています。コストパフォーマンス重視でご提案しています。

先日ホームページ について見積もり依頼がありました。

 

出張先のホテルが予約が一杯で、初めてねカプセルホテルを体験した中の人です。

カプセルホテルなかなか悪くないですね。

利用するルールが分からず最初戸惑いましたが。

さて、今回は、新規のホームページ見積もり依頼が来ましたよ。

ここから、私がどういうやりとりをする予定なのかをかるく紹介いたします。

まず、は依頼者様と、内容を伺いに行くために、日程を決めます。

そして、その日程で、他にも会えそうな人を探して、該当する人が居たら、その人と、今回の依頼者様にその日一日を使う事にします。

話が盛り上がってしまう事は、まあまあよくある話なので、あんまりギリギリにはならないようにあえてその日のスケジュールはゆったりさせます。

これで、次に、お会いするときに、何を聞いたりするのか?

ということになります。

見積もりのご依頼があった際には、軽く話を聞きます。

デザイン重視なのか?

アクセスアップ重視なのか?

その両方なのか?

一応断っておきますが、アクセスアップ重視でも、そこまで悪いデザインにはなりません。

車とかでも、グレードが少し低くても、必要な装備があって、オプションで、エアロパーツなどを取り付けたら、安いグレードでも、かっこよくなりますよね?

そんなイメージです。

そして、最初におおよその目的を聞くと、アクセスアップ重視という事でした。

そこで、
過去にうまくいった事例や、どういう機能をつけるべきか?
ホームページ ブログ運営者は誰が行うのか?
スタッフ?
社長?
なども、考慮します。

よくあるパターンで、スタッフさんが辞めてパスワードを変えたりなどの依頼があったりしますので、ブログ投稿者別にユーザー登録編集もマニュアル用意したり。

デザイン候補もいくつか用意したりもします。

なかには、このサイトのような感じ、という話もありますので、デザインについては、ケースバイケースで対応します。

そして一番肝心の、集客についてライバルサイトがどういう
感じで、サイトを作っているか?

ライバルサイトがどういうキーワードでどういう記事で集客しているのか?

を、軽くリサーチしておきます。

ライバルサイトを調べる理由は、競合になるサイトを参考にできる分は、大いに参考にさせてもらい、

依頼者が、集客する記事を書くときに、なるべく
記事書きについてのハードルを下げる、または、不慣れな内に記事書きに挫折しないようにという意味も含めて調べておきます。

見積もり依頼がある時点で、できる限り、先回りして調べておく事で、必要以上の見積もりにならないように、必要以下の見積もりにならないようにするためです。

ホームページ は、作り方や、作る目的によっては費用対効果を生み出さない、または、かかった費用を取り返せない場合があります。

弊社では、集客目的のホームページであれば、納品して終わりにする事は基本的にありません。

なぜならば、作ったあとの運営が大事だからです。

先日サッカー日本代表が活躍されましたが、ホームページ を作っただけというのは、日本代表チームが発表された状態と同じです。

それって、チームとして、なにも結果は出して居ない状態です。

そして、試合を重ねていけば、問題点、修正点もあるでしょう。

選手の入れ替え、ポジションの入れ替え。

ただし、はじめに召集されたメンバーがガラリと変わってチームの目的が変わるような事はないはずです。

あくまでも修正の範囲内。

この場合も、ホームページとしては同じです。

走りながら、運営しながら、足りない、予測とは違うなどを修正の範囲内で修正していく。

これがなければ、新規ホームページ はほぼアクセスは増えません、またアクセスが無ければ、誰も見て居ないのと同じなので、ホームページを見て来店や集客にはなりません。

だからこそ、納品後も想定して見積もりする必要があるのです。

さらに言えば、基本弊社では、そう言ったサポートはできる限り無料で行なっています。

佐賀県内や福岡県久留米市、筑後地区などでは、中小の事業主さんが数多く一生懸命頑張って運営されてあります。

なかなか運営サポートに費用をだす余裕が無い事業主さんも珍しくはありません。

だからサポートはでき限り費用負担を少なくするかわりに、見積もりの金額をシビアに考えていく必要があるわけです。

たくさんのホームページ 制作会社がある中で弊社を選択して見積もりを依頼していただく方がいらっしゃるのは、ただ単にコスパがいいだけではなく、コスパを良くするための準備と、二人三脚で運営していくからかもしれません。

今回の見積もり依頼が本契約になるかは、わかりません。

ですが、売り上げにつなげるための事は、見積もりの段階から始まっています。

こんな会社でよければ気楽にご相談ください。

 
ホームページ制作に関するお問い合わせはこちら

問い合わせ