ホームページ制作・WEB制作|福岡県久留米市のホームページ制作会社

会社ホームページでもブログを書いてサイト評価を上げると1日のPV10000超える

※掲載情報は投稿当時の情報などもありますので、リアルタイムでは情報の違いなどもあります。ご了承ください。

 

去年の今頃2020年1月と比較して、ページビューが3倍近く上がった話です。

このアナリティクス画像は実際にウェブコンサルとして対応させていただいたことによって実現しています。

 

オレンジの折れ線グラフが去年の数字。

青色の折れ線グラフが今年の数字です。

 

正しい対策をすればうまくいく

グラフの区切りが5000OPV単位なので、少しわかりにくいですが、おおよそ、

 

3600PV~5000PV位が去年の数字です。

 

それに比べると、

今年は11000PV~14000PVくらい上がっているというわけです。

 

3倍から3.5倍くらいになっている計算になります

 

 

求められる情報をしっかり掲載して、ユーザーが知りたい情報を提供していく。

そうすれば、サイトのコンセプトや需要者の数も関係はしますが、サイトへのアクセス数は増えます。

 

そこに、そっと、自社の商品ページなどへのリンクを置いておくという風にするだけで売上も上がります。

 

 失敗するホームページはアクセスが少ない

成功しないホームページの99%くらいは、アクセスが無い事をクリアできない為に起こると言えます。

 

検索の順位が上がらないという相談もかなり増えてきていますが、同時にアクセスが少ないという事に繋がってしまって上手くいかない状態という事に繋がっています。

そして、なぜアクセスが少ないかにも共通点があります。

 

ユーザーが求めている情報が掲載されていない

 

という共通点です。

 

例えば、あなたが、何かのお店を探す時に、

地域名 お店ジャンルキーワード

などで検索すると思います。

 

 

こんな感じ

●●市 居酒屋

●●市 花屋

●●市 ダンススクール

●●市 塾

●●市 畳

●●市 ペットショップ

●●市 中古車

 

等々‥‥

 

検索結果イメージ

検索結果イメージ

 

すると、

当然ですが、

その地域の探しているジャンルのお店のページが、グーグルの検索結果としてたくさん出てきますよね。

 

 

 

そして、検索上位のページやサイトから、見ていって、

自分が求める条件を一番満たしてくれるお店を探すはずです。

 

求めるお店、会社やサービスを探す条件の例
  1. 場所
  2. 値段
  3. 口コミ
  4. アフターフォロー
  5. 細かな望む何か
    ↑これが結構大事

 

 

 

などの事を調べたりしますよね。

それは、

 

お金を払うなら、失敗したくない。

選んだお店を、人に否定されたくない。

 

 

 

という意識が働くからです。

そういう意識、あなたも感じた事あるはずです。

 

 

うまくいかない人のサイトは、見込み客である方が知りたい事が掲載されていない場合がほとんどです。

 

 

上位表示だけを、考える人は多いですが、見込み客は、上位表示しているホームページ上で、知りたい事を探します。

 

 

 

そして、知りたい事や、求める情報が無ければ、貴方のお店には行きません。

通販であれば、売れません。

 

 

極端な例えですが、

カレーうどんを食べたい人が、うどん屋さんをネットで探して、

見ているホームページに、カレーうどんを提供している情報が無ければ、当然そのお店には行きません。

 

なぜならば、

そのお店にカレーうどんは無いんだと思うからです。

実はそのお店でカレーうどんを提供していたとしてもです。

※飲食店の場合は食レポをする誰かの情報があったりしますから、ホームページ以外からの情報を見る事もあったりはします。

 

ですが、自社のホームページで必要な事が書かれていないというのはそれだけ、損をしている可能性があるという事です。

 

これってもったいないと思いませんか?

伝わっていないだけで損をしているわけです。

 

 

 

先程のうどん屋さんの例は、わかりやすく、カレーうどんという、メニューに関してですが、

見込み客が、知りたい情報は商売の種類でいろいろあります。

 

 

 

ちゃんと知りたい情報がなければ、見込み客は納得しません。

納得しなければ、見ているホームページから離脱して、納得できる他のホームページを探します。

 

当たり前ですが、上位表示していても、欲しい物を紹介していないページから離脱します。

 

もう一度言います。

 

上位表示していても、求める情報がなければ注文や来店にはつながりません!

 

 

 

当たり前ですよね。

 

だから、上位表示が先の考え方は、基本的には考える順番としては、間違っているんです。

 

 

そして、その小さいけど、大事な情報を全てホームページ制作会社に任せてしまうと、表面的な情報しか作ってくれません。

 

 

 

 

これは、ホームページ制作会社を庇うわけではありません。

貴方の商売を一番理解しているのは、ホームページ制作会社ではなく、

 

 

貴方でなくてはならないからです。

 

 

だって、貴方の商売でしょ?

 

 

だから、貴方の商売で貴方の商売の事を貴方の商売を求めている人に小さなことから伝えてくために、をブログで代用してもらうわけです。

 

 

 

今回の記事は、過去にうまくいっていたけど、社会情勢や、人の意識の変化などで、アクセスが下降気味になっていました。

 

だから、アクセスが上がるように、情報を増やす、修正する。

 

時間が経って、情報が古くなったページを修正を行っていただきました。

 

他にもいろいろ対策をアドバイスしたり、弊社でサイトの仕組みにテコ入れなどを行いました。

 

それで、アクセスが増えて、売り上げアップに繋がったわけです。

 

 

売り上げはアクセス数て決まる

 

売り上げが下がる、または、売り上げが上がらない理由は、

 

アクセス数が大きな原因になります。

 

だから、求められる情報を出して、アクセスを増やすという事が大事なんです。

 

 

そもそも

人が集まらなければ売れるわけは無いんですよね。

 

簡単にまとめると以下のようになります。

 

ウェブで人を集めるなら情報が必要。

 

人に売らないのであれば誰に売るのか?

 

ならば、人を集めるには、どうすべきか?

 

人が知りたい事をホームページやブログでしっかり書くという事。

 

だから人が集まる。

 

アクセスが増える。

 

本当はもっと細かいサイト制作における対策や重要な事はたくさんあります。

ですが、まずはブログで足りない情報を足すという事をしていく必要があるというわけです。

 

 

 

情報はどういう物を指すのか?

 

基本的には、疑問を解決する情報です。

いつ

どこで、

どういう、

なにを、

どれくらい

どうしてくれるのか?

匂いは?

味は?

広さは?

個室か?

量は?

種類は?

依頼方法は?

電話番号は?

営業時間は?

●●な場合はいくらか?

カードで払えるか?

 

貴方の商売の見込み客に置き換えて、求めるものはなんなのかを知る事が大事。

 

 

情報をサイト上で見やすく伝えるのがホームページ制作会社が考える事

 

ここに、過去の経験や、解析ツールなどのデータを元に、仮説を立てて、依頼者とやりとりし、どうやって売り上げアップにつながるのか?

 

利益は出るのか?

などをもとに、提案していくわけです。

提案した内容で、売り上げはあがるが、利益につながらなければ、意味がありません。

 

だからこそ、提案や打ち合わせなどのやりとりをするのです。

 

依頼者の会社のマンパワー人的リソースによって利益や売り上げに影響するからです。

 

だから、過程としてアクセス数が上がり、売り上げ利益が上がるという結果に繋がります。

 

 

そして、大事な事ですが、ローカルな地域に根差した会社のホームページであればあるほど、積み上げたブログ記事のアクセスは長く続きます。

そして、それは何年もの長い年月の売上を支えてくれる物です。

 

弊社のお客様には10年近くずーーーーーーーーーーっと集客、売り上げ、利益をホームページとブログだけで、成り立ってある会社さんが少なからずいらっしゃいます。

 

ブログを書くというのはとても大変な事ですが、ライバルや競合の会社も同じ理由で書かないんですね。

 

だからこそ、積み上げタイプのブログ記事を続けるだけで、

1年後にちょっと差が付く!

2年後にまた差が付き、仕事はどんどん増える。

3年後は、ライバルや競合の会社が追い付けないくらい仕事の事例がウェブ上にあるのでちょっと調べたらすぐ貴方の会社のホームページに見込み客がたどり着く。

 

そんな感じになります。

 

一昨年の自分が、去年の自分が、今年の自分を助けてくれます。

 

ホームページやブログで思うようにうまく行っていないと思っている方は一度ご相談下さい。