ホームページ制作

初心者にも分かるワードプレスの特徴を紹介します。

ワードプレスとは?

ワードプレスという物は、ネット上にブログ機能やホームページとしての表現をするために、制御してくれるシステムの事です。

 

アメブロや、ライブドアなどにも、管理画面がありますよね?

それと似たような管理をしてくれるシステムです。

ただし、アメブロやライブドアとは違って、大きく機能をカスタムすることが可能なシステムになっています。

自由度が高い代わりに、素人ではハードルが高くなってしまいやすい傾向もあります。

 

 

ワードプレスのメリットとは?

アメブロ、ライブドアといった無料ブログサイトの場合は、基本的には、複雑なデザインを、ある程度仕組みとして、連携するのは難しかったりします。

ワードプレスではできる機能ですが、特定のカテゴリに扱いにしている記事ページの時だけ、特定のバナーを表示したりできます。

ワードプレスで特に強いのは、条件によって表示する内容を変更させる事です。

 

 

こういった事は、アメブロや、ライブドアに関わらず、無料ブログではほとんどできません。

 

行えるとしたら、特定のカテゴリの記事にしたときに、手動で、バナーを表示させる程度です。

カテゴリが変わったとしても、バナーの表示内容は変わりません。

 

さらに、現在ではSEOを意識して記事を書く場合、

 

大きなキーワードで表示するページと、

その次に小さなキーワードを表示するページ

 

というようなピラミッド型の構成の集合体にならざるを得ないところがあります。

 

結局のところ、

人が、何かを調べていくと、次々にページを見ていく流れになるからです。

 

◇◇という概念があって、それについて調べていくと、▼と〇という大きく考えかたが分かれて、人によって、現在の置かれた状況によって、▼がおすすめの場合や、〇がおすすめの場合があったりします。

 

その時点で2つに分岐するページがピラミッド状になっています。

 

そうやって絞り込まれていった先に、ユーザーが探しているページがある。

 

という事起こります。

 

あなたも、何かを調べようとしたときに、どんどん踏み込んでい行って、求めていたページにたどり着いた経験があると思います。

 

ですが、世の中には、ほとんどの場合、求めていた事に近いページが複数ある場合があります。

容量、サイズ、重量、スペック、金額、契約期間、等々・・・

 

こういった時に、読み手からすれば、自分に一番合ったのはどれだろう?

と、個別の事例を探します。

 

またその個別事例が多い場合のカテゴリもあれば、

個別事例が少ないカテゴリもあります。

 

無料ブログの場合このカテゴリでの記事一覧の表示件数というのは、どのカテゴリでも同じ件数表示となっています。

 

でもおかしいと思いませんか?

 

情報の違いや、その歴史、需要度によって、様々な事例が多くなるカテゴリ

需要度が低く事例が少ないカテゴリ

 

という事が世の中にはたくさんあります。

 

それを一律に、どのカテゴリも表示される一覧の件数が同じというのは、サイトを表示するシステム側の都合であって、

 

ユーザーが求めるのであれば、求めるだけの一覧の件数を表示させてあげるのが、ユーザーに優しい表示だと考えられます。

 

 

これは、いわば、議論が深まる議題と、そうでない議題でも、議論する時間は同じであっていいのか?

 

という例としても言えると思います。

 

 

そうでは無いですよね?

何の内容なのか?で、伝える時間は変わるはずです。

 

であれば、ブログのカテゴリの一覧件数も一律である必要はないはずです。

 

 

ところが、何度も言うように、無料ブログだと、そういった個別のカスタムができません。

 

それが、ワードプレスだと、特定のカテゴリ一覧の時だけ20件表示させる。

 

という、条件分岐による、表示内容を変化させるという事が可能になります。

 

少し長くなりましたが、そういった個別のカスタムができたりするので、ワードプレスで作られたサイトは、完成度を高める事ができる。

または、仕組みを使う事で、無駄な手数を減らす。

という事も可能といえます。

 

ワードプレスのデメリットはどういうのがあるか?

ワードプレスのデメリットで言えば、平たく言えば、素人がいきなり扱うには難しいというのがあります。

 

ただし、

 

このサイトのワードプレス関連ページを読んでいただければ、クリアできる内容です。

ワードプレスの場合のデメリットの技術的な難しさは、傾向として言えば、全くわからなくて対処できないという物では無く、一過性の場合が多いです。

 

なので、難しいというハードルも、一度超えてしまえばそこまでハードルではないとも言えます。

 

そういった意味も含めるとメリットの伸びしろを考えると無料ブログなどではなく、ワードプレスで作られたサイトをお勧めできるわけです。

 

WordPressを使い始めるにはどうすればよいですか?

費用的な面でいえば、ワードプレスのシステムそのものは無料で使えます。

 

  1. WordPressは、WordPress.orgからダウンロードしてレンタルしたサーバーにアップロードしてインストールして使う方法
  2. WordPress.comを介してホストサービスとして使用する方法

の2つのパターンがあります。

 

レンタルサーバーの場合は、サーバーのレンタル費用と、どういう名前のサイトにするのかという、ドメインというホームページの住所を示す物の年間の費用が掛かります。

 

他のサイトやツイッターなどで言及されている、独自ドメインをワードプレスで運営する。

というのは、これに当たります。

 

今回は、ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて、そこでワードプレスをインストールして運用するという流れを紹介します。

 

オリジナルのサイトとしてサーバーを用意してワードプレスで作る場合

  1. ドメインを取得します。
  2. サーバーを用意します。
  3. 取得したドメインとサーバーをネームサーバーDNSで紐づけます。
  4. サーバーの中にワードプレスをアップロードします。
  5. サーバーの中にデータベースを用意します。
  6. アップロードしたワードプレスと、データベースを紐づけします。
  7. ワードプレスをサイト上に表示させる為のインストール作業をします。
  8. デフォルト状態のワードプレスサイトの完成!

 

ここから、様々な用途に向けて、デザインや仕様、設計を決めて構築していく事になります。

ここまでの流れについては、こちらにて解説していますので、ワードプレスを始めてインストールするという方はご覧ください。

ワードプレスサイト(初期状態)をエックスサーバーで最初から作る流れを紹介
初心者の方でも、慣れないながらも、手順通りに進めてもらえれば、ワードプレスサイトを作れる方法を書いてみました。何かのお役に立てればと思います。 ベースとしては、エックスサーバーを使用する事として説明しています。

 

ワードプレスのインストール方法ワードプレスアップデートに関して

ワードプレスには、アップデートされるという概念があります。

例えば、アイフォンや、アンドロイドのスマートフォンでも、OSのアップデートというのはあると思います。

また、アプリのバージョンアップというのがあると思いますが、それと同様の事がワードプレスでも、箇所箇所で起こります。

 

管理画面にこのような感じの表示がされます。

 

 

 

 

 

 

これらの、アップデートの中でも、ワードプレスそのもののアップデートの場合は、セキュリティ向上のために、出来る限り行った方が良いです。

この様なメッセージが出たりします。

 

ただし、著しくバージョンの低い状態からのアップデートなどを行う場合は注意が必要です。

 

ワードプレスサイトの必要構成

サーバーの仕様・およびスペック

+

ワードプレス本体

+

テーマデザイン

+

プラグイン

 

という構成で成り立つ場合がほとんどです。

プラグインは使用されていない場合もありますが、おそらくほとんどのサイトは使用されています。

そして、どれに関しても、基本的にはバージョンアップや、アップデートは行われます。

ただし、そのバージョンアップのタイミングなどは、それぞれのタイミングでバラバラなのです。

ワードプレス本体、プラグイン、テーマの間で、何かをバージョンアップしたことで、どれかの何かとの不具合が起きて、サイトの表示がおかしく成ったり・・・

という事が起きないとも限りません。

ですが、セキュリティを考えると、更新したほうが良いといえなくもありません。

 

最悪サイトが乗っ取られるという可能性を減らすならセキュリティを上げるしかありません。

セキュリティを上げるという事は、バージョンアップ、アップデートは行った方が良い。

という話になります。

 

サイトが正しい表示をしなくなったりするなどの不具合については、その後の対処となります。

制作会社とのやり取りや、契約などで、保守などを結ぶという事があると思いますが、そういった不具合を避けるためです。

もしくは、起きてしまった後に、リカバリーしてもらう為です。

弊社でも月額サポートというのもは運用していますので、必要だと思われる方は、サポートを受けていただいています。
※弊社の場合は、保守の面は月額サポートの一部です。

アップデートや、バージョンアップに関しては、悩ましい問題ではあります。

なので、

  1. アップデートやバージョンアップを行わない事のリスク
  2. アップデートやバージョンアップを行った場合のリスク

を考えた上で

 

臨機応変に対応するか?

有料で保守も任せてしまうか?

 

のどちらかになります。

 

 

ワードプレスのログイン方法

ワードプレスには、特定のURLで、ログインできます。

ここでは、セキュリティ的な意味合いも含めて、そのURLそのものは、掲載しません。

 

ですが、そのログインページへアクセスすると下記のようなログイン情報を入力する画面が表示されます。

  • ユーザー名、またはメールアドレス
  • パスワード

を入力してログインボタンをクリックすればログインできます。

 

また、デフォルトのログインページではなく、オリジナルのログインページを作ったりする事も可能です。

このあたりは、無料ブログなどでは無いですね。

 

ちなみに、ログインページを変える事でセキュリティを高める事ができますので、それを可能にするプラグインの紹介もしておきます。

wordpressログインページを変更!iThemes Securityセキュリティプラグイン。
どもども、たまにはプラグインの紹介記事も書かなくては・・ という事で、iThemes Securityセキュリティプラグインを紹介します。 関連記事 ログインユーザー名を完全...

 

 

 

 

 

ワードプレスの引っ越し方法

ワードプレスを運営する際に、最初に使用したサーバーが、予算を抑える為に低スペックのサーバーで始める事はよくある話です。

そして、アクセスが多くなってきたときに、その時のサーバーではさばき切れなくて、ホームページが表示されなくなるという不具合もよくある話です。

 

今回は、そういった場合や、何らかの理由によって、ワードプレスサイトを別のサーバーに移転、引っ越しさせる必要ができた場合に、引っ越しをする方法を紹介します。

失敗しない!ワードプレスサイトの引っ越しの基本手順
ワードプレスの構成要素を知る必要がある ワードプレスには、サーバー上に物理的にあるファイル群があります。 基本的にはこのようなファイルでワードプレスを物理的に構成しています。 テーマファイルや、プラグイン、...

 

ワードプレスファビコンの設定方法

ファビコンとは、ブラウザでサイトを開いたときに表示される小さな画像の事です。

昔のワードプレスは、プラグインなどや、手動でファビコンの設定をする必要がありましたが、現在は、ワードプレスそのものに、ファビコンを表示・設定させる機能がついています。

しかも、今はその設定をすると、スマートフォンなどで、画面に保存する場合などにもその画像で保存されるので、設定しておく事をお勧めします。

では、その操作方法などを紹介します。

 

ワードプレスの管理画面にログインしたら、

外観から、カスタマイズへ移動してください。

外観 > カスタマイズ

この様な項目が表示されます。

 

次に、サイト基本情報をクリックします。

するとこのような表示がありますので、512×512ピクセル以上の正方形の画像を設定すると完了です。

 

 

 

 

ワードプレスとツイッターやフェイスブック連携について

 

ワードプレスでアップロードした画像を管理画面でトリミング・反転加工する方法

ワードプレスには、画像をアップする機能だけではなく、トリミングや、左右反転、上下反転、右回転、左回転、縮小などの機能がついています。

ワードプレスでアップロードした画像を管理画面でトリミング・反転加工する方法
ワードプレスには、メディアという機能があります。 ワードプレスにログインした後、左の各種項目の中に、ある項目です。 メディアは、撮影した画像などを、アップロードする機能です。 アップロードするとこのような感...

 

 

 

ワードプレスでビジュアルエディタでリンクテキストにnofollowと、別タブ表示の設定方法

リンクにノーフォローを自由自在に、しかもビジュアルエディタで入れたいって人は地味にいるとおもいますので、その方法などをこちらでまとめています。

ワードプレスでリンクにnofollowと別タブをビジュアルエディタで入れる方法
ワードプレスで、記事を書いたりしているときに、特定のリンクタグだけ、ドメインやページのパワーを送らないように、nofollow を入れたり、別タブで開かせるための target="_blank"を入れたい時ってありませんか?...

 

ワードプレスサイトがダウン時に通知で知らせるプラグイン

複数サイトを運営している人などは、いつの間にかサイトがダウンしていたら冷や汗ものだと思います。

そういった時に、ちょっとアバウトな所はありますが、ダウンしている状態が続いていたらメールで知らせてくれるようにする事ができます。

ワードプレスでサイトがダウンしていた時にメール知らせてくれる方法
サイトダウンを知らせてくれるプラグインの紹介! ワードプレスってお手軽ですよね。 複数サイトを作るときも、記事やコンテンツを作るのは大変ですが、ワードプレスそのものに慣れてしまうと、意外とサクサク作れたりします。 ...

 

 

ワードプレスで404ページをトップページにりリダイレクトする方法

消してしまったページへのアクセスした場合は、404ページとして表示されますが、結局求めている内容のページが無いという事であれば、トップページへリダイレクトしてあげるというのも一つの方法かもしれません。

ワードプレスの場合は、function.php に下記のコードをコピペすれば完了です。

管理画面

外観 > テーマエディター(theme編集) >右側にある function.php(関数)をくリックで編集画面を表示できます。

テーマによってはエラーになったりする事もありえますので、FTPでアクセスして、function.phpファイルを元に戻して再度アップすれば、元に戻ります。

 

add_action( ‘template_redirect’, ‘is404_redirect_home’ );
function is404_redirect_home() {
if( is_404() ){
wp_safe_redirect( home_url( ‘/’ ), 301 );
exit();
}
}

 

もう一つ、記事のURLが変更になったりした場合で404ページとなってしまったページの対策方法があります。

それはリダイレクトすることです。

Redirectionというプラグインがありますので、それをインストールします。

プラグイン > 新規追加 > Redirection で検索

この様なプラグインが表示されるはずです。

インストールして有効化してください。

使い方などはこちらで説明しています。

Redirectionプラグインでワードプレスサイトのリダイレクトを簡単にできます!
このURLにアクセスしたら、このURLへ移動させることをしたい場合 記事のURLが変わってしまった… サイト構成上の問題で、記事ページから、固定ページへ移動する事になった‥ そんな時に、元のURLに...

 

ワードプレスで真っ白になったときはどうすればいい?

ワードプレスを運営すると、画面が真っ白けになったり、おかしい事になったりします。

そういった事の対処方法の一例を紹介しています。

ワードプレスで真っ白!表示がされない、おかしい時の対処方法!
ワードプレスのサイトが・・・ おどろきの白さに!! いや、本当にビビりますよね…真っ白けになってたしたら・・・ それとか、関連記事から下が読みこまれていないとか・・・ ...

 

CSSでレスポンス表示にする便利なメディアクエリ一覧!コピペでOK

SSL化の設定をサーバーで行った後に、https化できない場合の修正方法

ワードプレスで無料のヒートマップの実装方法の紹介

ワードプレスで不要なプラグインの削除方法

ワードプレスの記事や固定ページの編集方法・削除方法

ワードプレスで雑記ブログにおすすめのプラグイン一覧がこれ

ワードプレス で記事内毎に、noindexやサイトマップに掲載すないやり方

ワードプレス で、カスタム、ナビメニューリンクをnofollowにする方法

ワードプレスの記事や固定ページで、pc表示とスマホ表示で、内容を振り分けるやり方

ワードプレス で、ログイン情報を忘れて、リマインダーが効かない場合の対処方法

複数のワードプレス サイトで、サイトが落ちているかを自動で見張るプラグイン

ワードプレス で管理画面のメニューをカスタムするプラグイン

自分のワードプレス サイトで、記事や固定ページから、すぐ編集ページを開く方法

ワードプレス で、現在のページを構成してるテーマphpファイルを見つける方法

スマホサイトをクロームで、できる限り確認する方法

ワードプレスのテーマとは?

初心者向けのワードプレスおすすめテーマがこちら

ワードプレス無料のテーマはcocoonがお勧め!理由はこれ

ワードプレスのプラグインとは?

エックスサーバーでメールフォームが誤作動の対処方法!

記事書きの定番エディタTinyMCEAdvancedの使い方

ワードプレス一覧ページで表示順序のを簡単変更プラグイン

人気記事表示プラグインと表示の調整方法

ワードプレスサイトに簡単にアニメーションを実装できるプラグインAnimate

ワードプレスで記事や固定ページに見やすい装飾やブロック表示などをするプラグイン

特定文字列一括変換プラグインSearchRegezの紹介と変換が止まるのを回避する方法

ページの置き換えやパーマリンクの変更で手動でリダイレクトが必要な時のプラグインがこれ

ワードプレスのダッシュボードに自由にかけるメモ帳を表示する方法

ワードプレスで特定のページをnoindexにする方法、プラグイン

ワードプレスでツイッターアカウントに自動連係するプラグイン

特定ページだけウィジェットを非表示や表示させるプラグインAH Display Widgets

 

ワードプレスにおすすめのサーバーは?

ワードプレス運用ならエックスサーバーがおすすめ

コスト重視のワードプレス運用ならロリポップ

エックスサーバーに近いスペックで少し安いサーバーmixhost

 

ワードプレス で、ブログ投稿ユーザーアカウントの増やし方

ワードプレス ユーザーアカウントのパスワードを変更する方法

 

ワードプレスサイト管理画面について

ワードプレスの投稿の特徴と機能や活用方法の紹介

ワードプレスの固定ページの特徴や使い方

ワードプレスのコメント機能のON-OFF設定方法

ワードプレスのパーマリンクの設定どれがいい?

ワードプレスの管理画面を見やすく使いやすくカスタムする方法

ワードプレスサイトが重い時に軽くする作業がこれ

いろんなスライダーを簡単に実装する方法がこれ

 

 

 

どういう会社が、WordPressを使っていますか?

WordPressを使用してWeb上に公開しているなら、あなたは良い会社です。多くの有名なブログ、報道機関、音楽サイト、Fortune 500企業、有名人がWordPressを使っています。

 

例えば、価格コムさんや日刊SPAさんのような有名なサイトは両方ともWordPressで構築されてあります。

2019/02/20現在

 

海外であれば、The New York TimesのブログやCNNのオンエアパーソナリティブログのようなニュース配信機関もすべてWordPressを使用しています。

 

 

WordPressは何ができるのか?

WordPressは、さまざまなWebサイト用の優れたWebサイトプラットフォームです。ブログから電子商取引、ビジネスやポートフォリオのWebサイトまで、WordPressは多目的なCMSです。

 

WordPressで構築できるWebサイトの種類のほんの一例です。

ブログ機能

ブログは、アメブロや、ライブドアブログ、ソネットブログ、シーサーブログなどの無料ブログを想像されやすいですが、

ワードプレスも基本的な動作はブログとして活用する事をメインとして作られてあります。

利用用途としては、

個人のブロガー

プロのブロガー

など、主に何かの情報をアップしていって特定のカテゴリでまとめる。

という目的で使用される事が多いようです。

 

電子商取引

こちらに関しては、そのまま使用したとしても、電子商取引としてはほぼ使えないと考えたほうがよさそうです。

電子商取引などは、様々なセキュリティなどを施す必要がありますが、ワードプレスの基本の機能としては、そのような機能は、一般的な軽いセキュリティ程度しか備わっていません。

その為、電子商取引をするための、サイト構築としてワードプレスを使用するというのはやや難しいと言わざるを得ません。

 

ビジネス

個人や企業を含めた集客のためのビジネスサイトや、コーポレートサイト、販売を目的としたサイトなど、マーケティングの一環としてワードプレスが使用されることは多いようです。

弊社もワードプレスで記事を書いたり、サービスを紹介していたりするのも同じような事といえます。

ただし、導入のハードルの高さなどがあるため、事業目的や収益目的などの強い動機がないと、素人ではなかなか難しいところです。

また、見た目のデザインや、動きのあるかっこよさなどを求めようとすると、ワードプレスとは別にウェブ技術が必要になってくるため、一般的には制作会社などに依頼してサイトを作るという事を行う事が必要になる場合が多いです。

 

ニュース

時系列で投稿されるメディアとしてもワードプレスはよく使用されています。

 

写真撮影

フォトサイトとして使用されているフォトアーティストの方も多いです。

フォトサイトなどの場合は、素材である画像をパーツとして配置する面積が大きいため、フリーで配布されてあるような、フォトサイト用のデザインテンプレート(テーマ)もそろっているため、無料ブログなどではなく、ワードプレスでサイト運営されてある方は多いです。

 

音楽

企業や個人が作成した音源などを、フリーで公開するためにワードプレスを使用されてあるところもあるようです。

ファイルを管理するプラグインなどもワードプレスにはある為、ある程度自由なサイトを作る事ができます。

しかし、やはり全くの素人がすぐ使えるようになるわけでは有りません。

 

メンバーシップ

会員同士があつまって会話をするためのサイト作りや、会員専用のコンテンツを用意するというような事も含めて、会員専用のサイトにするためのプラグインがあります。

こちらも、容易に素人が作れるものでは無いので、セキュリティや、情報管理や情報漏洩などへの対処が難しいというのがあります。