ホームページ制作 福岡

記事画面が変わって使いにくいワードプレス5.0のエディタを元に戻す方法

ワードプレス5.0のエディタ

とりあえず、この記事を新しいわードプレスバージョン5.0で大きく変更になった、新エディタを使用して書いてみましたが・・・

 

とにかく使いにくい。

やっぱり使いにくい。

どうしても使いにくい。

 

よくあるグーグル先生の仕様変更よりももっと酷いかもしれない。

 

今までは、自社サーバー中にアップしている動画を、メディアを追加から、動画メディアを表示させることもできたけど、同じことを同じように新しいメディアでしようとしても、どこの何を触ってどうすればいいのかがさっぱりわからない。

 

この、操作方法を表示させず簡略化させてかっこよくしていく風潮どうにかならないのでしょうかね。

 

原理そのものが、わかりにくい為、これは、相当な人がこのエディタで苦しむことになりそうです。

 

以下は、バージョンアップした直後に表示されてる内容を表示させたものですが、一連の流れを表示させるだけでも一苦労です。

 

この記事は途中まで新しいエディタを使って書こうと思っていたのですが、1記事書くだけで3時間くらいかかりそうな勢いだったので、元に戻して書きました。

※記事の後半で、このエディタを元に戻す方法を記述しています。

 

ちなみに、ここからは、ワードプレス5.0にアップした直後に表示される画面です。

 

バージョンアップ直後に表示される画面はここから

 

こんにちは、新しいエディターです

 

WordPress 5.0への更新が無事完了しました ! 大きな変更点はエディターです。

新しいブロックベースのエディターは、サイト全体に渡る効率的な編集体験がもたらす、わくわくする未来への第一歩です。

初めてサイトを構築中の方、ブログをリニューアルする方、仕事でコードを書いている方、すべてのユーザーにとってコンテンツの見え方がもっと柔軟になりました。

 

 

ブロックで構築

新しいブロックエディターでも訪問者に対する Web サイトの見え方は変わりません。

あらゆる種類のメディアをすばやく挿入し、満足のゆくまで配置を変更できます。

コンテンツの各パーツは、それぞれのブロックの中にあって他のブロックと分離され、簡単に移動することができます。

また HTML や CSS のスキルがある人に対してもブロックエディターが邪魔することはありません。WordPress は作成物でなく、プロセスを簡素化しました。

 

たくさんのブロックがデフォルトで利用可能なほか、コミュニティによるブロックが日々追加されています。使い始めるのにおすすめのブロックをいくつかご紹介します。

 

創造の自由、執筆の自由

この新しい編集体験は、コンテンツのみならずデザインにも一貫した対応を提供します。

クライアントサイトを制作するなら、再利用ブロックを作成することができます。

一貫した仕様をメンテナンスし続けながらも、クライアントはいつでも新しいコンテンツを追加することができます。

 

美しい新デフォルトテーマ

新しいエディターの実力をお披露目する新しいデフォルトテーマ、Twenty Nineteen をご紹介します。

 

保護

ブロックは、予期せぬコード編集によるコンテンツ構造の乱れが簡単には起こらないことを担保しながらも、コンテンツを直接変更することができる快適な方法をユーザーに提供します。そのため、開発者は出力を制御し、編集されず簡単には壊れない、洗練されたセマンティックなマークアップを作り上げることができます。

構成

クライアントにとって直感的なコントロールをもたせたブロックを簡単に作ることができる、幅広い API とインターフェイスコンポーネントを活用しましょう。コンポーネントの利用は、開発作業を高速化するだけでなく、より一貫して使いやすい、誰にとってもアクセシブルなインターフェイスを提供します。

生成

新しいブロックのパラダイムは、ユーザーの要望を解決するための探求とイマジネーションの道を開きます。統合されたブロック挿入フローにより、クライアントは簡単に全コンテンツタイプのブロックを見つけて使用できます。開発者は、難しい API に悩まされず、ビジョンの実行とリッチな編集体験の提供に注力することができます。

クラシックをキープ

 

親しみのあるクラシックエディターを使い続けたいですか ? ご心配なく ! WordPress による Classic Editor プラグインのサポートは、2021年まで続きます。

Classic Editor プラグインは以前の WordPress エディターと投稿編集画面をリストアします。

これにより、拡張があるプラグイン、古いスタイルのメタボックスの追加など、以前のエディターに依存したものを使い続けることが出来ます。

インストールするには、プラグインページを訪問し「Classic Editor」の隣りにある「今すぐインストール」ボタンををクリックします。プラグインのインストールが終わったら「有効化」をクリックします。たったこれだけです !

アシスティブ・テクノロジーを利用中の方へ: ブロックエディターで、編集にユーザビリティの問題が発生した場合、クラシックエディターの利用を継続することをおすすめします。

 

 

という所までが、ワードプレスを5.0にアップデートした直後に表示される画面です。

 

ところどころ突っ込みどころ満載なんですが、救いは、前の状態にビジュアルエディタを元に戻せる事です。

 

今のところ、前の状態のビジュアルエディタに戻したときに、不具合はありません。

 

 

 

このClassic Editor プラグインは2021年までサポートされるようです。

とりあえず2021年までとは言いませんが、あと半年は、もう少し様子を見てみないと、この新しい Gutenberg エディタは運用しづらいとしか言えません。

 

 

Classic Editorをプラグインで検索してインストール有効で戻せます


しばらくはクラシックエディタでなんとかしていくしかなさそうです。

いまのところ、このクラシックエディタプラグインを有効化すれば、ほぼ問題はなさそうです。

 

プラグインの新規追加の時に Classic Editor で検索してもらうと、前の状態にエディタを戻すプラグインが出てきます。

 

これを使用すればいいかと思います。

 

というわけで、散々な事になってしまったワードプレス5.0のアップでーとですが、サイトのセキュリティなどは、向上しているとの事ですので、ひとまずは、Classic Editor を使っていく事がいいようです。

 

暫くすれば、また、新しいエディタの使い方や、新エディタそのものがもっと使いやすくなっていくはずです。

 

そのころに新エディタに移行してもいいと思います。

ではまた。