ワードプレスサイト(初期状態)をエックスサーバーで最初から作る流れを紹介

 

 

弊社では基本的にはエックスサーバーを使って、ワードプレスサイトを作ります。

 

エックスサーバーを使用する理由は、

  • 何かあったときのサポートがとても充実している。
  • 電話連絡でのやり取りができる。
  • 多くのユーザーがエックスサーバーを利用している為、ネット対処方法がたくさんある。

 

という訳で、エックスサーバーを使って、ワードプレスサイトを作るところまでを紹介したいと思います。

 

ワードプレスサイトを作るためには、ブラウザでドメインURLを入力したら表示できる状態をまず用意する必要があります。

 

そこまでの流れから説明します。

 

 

まずはドメインの設定について

ドメインはドメインを取得させてくれるサイトが様々ありますのでいづれかのサイトでアカウントを作って、取得するという作業になります。

今回は、お名前.comで取得する流れを紹介します。

 

お名前.comへアクセスします。

 

別タブで表示されます

ドメイン取るならお名前.com【ドメイン取得は最安値1円~】
お名前.comは国内最大級のドメイン公式登録サービスです。ドメイン登録実績1900万件を超えました。人気の.com .net .jpドメインを含め580種類以上のドメインを取り扱っています。ドメイン登録は早い者勝ちです。第三者に取得される前に、まずは検索を!

 

 

取りたいドメイン名が誰かに取られていないかを調べます。

画面の大きな検索窓の中に、取得したいドメイン名を入力します。

複数まとめて検索したい場合は、検索窓のちょっと下に、複数検索という文字リンクがあるのでそれをクリックしてください。

 

 

取れるなら、そこで取得作業に入ります。

ドメインを検索した結果、取れる場合はチェックを入れることができます。

それ以外の場合は取得できないとおおよそ思っていただいて構いません。

この検索結果の時は、ドメイン名の .com や .info  .biz などは表示されず

表として、表示されます。

同名のドメインで、

.com

.info

.biz

なども、取得できてしまうので、間違って取得しないようにご注意下さい。

今回は、 ●●●.info をという感じで検索する画面を例に表示しています。

 

 

上の画像の様に、取得するドメインが決まったら、画面右の、選択した商品のお申込みへ進むボタンをクリックしてドメイン取得作業を進めてください。

次の画面になると、お申込内容が表示されます。

 

この時、基本1年での取得になると思いますが、

ドメインの持ち主をドメインから悟られたくない方は、Whois 情報公開代行 という表示がされてあるのを確認しておいてください。

 

これは、ドメインからドメインの持ち主を悟られないようにするために、お名前ドットコムの情報を代行として表示させる機能の事です。

 

これは後からでも設定できますが、別途費用が掛かります。

新規取得時に設定しておけば無料なので、ご自身のWhois情報を公開したくない方は、必ずこの
Whois 情報公開代行の表記を見逃さないようにご注意ください。

 

ここまで進められたら次は、お名前ドットコムのアカウントを取得します。

 

 

その流れで、お名前.comでアカウントを作ります。

画面の右側に、下記のような表示があると思いますので、

初めてご利用の方へチェックを入れてください。

 

次に、アカウントと紐づけるメールアドレスを入力してください。

このメールアドレスは、必ず受信できるメールアドレスを使用してください。

 

ドメインの更新タイミングの連絡などがメールで届きますので、そのメールを見逃すと、ドメインが消失してしまいます。

 

消失してしまうと、当然そのドメインのサイトは表示されなくなりますので、特にご注意ください。

 

メールアドレスを入力して、

パスワードをお決めになった後忘れないようにして、入力してください。

 

それが終わりましたら、次へボタンをクリック

 

すると、会員情報の入力という画面が表示されます。

貴方の個人情報や、会社法人であれば法人情報を入力されてください。

 

この時、

  • 市区
  • 町村
  • 番地
  • 建物

に関しては、ローマ字入力も必要になります。

特に難しいところではありませんが、ローマ字入力という事がわからないと意外と躓いてしまうのでご注意ください。

 

 

会員情報の入力が完了しましたら、次へ進むボタンをクリック

 

 

するとお支払い方法を選択してください。と表示されます。

初期はクレジットカードでの支払いが表示されます。

 

その他の支払方法を求められるなら、右下のその他の支払方法はコチラボタンをクリックすると

他の支払方法を選択できます。

 

ただし、入金反映までが時間がかかるので、クレジットカードでのお支払いが早いです。

また、ドメインに関しては運用し続ける限り年1回は支払っていく事になるので、自動更新が便利です。

そのため、クレジットカードでのお支払いにしておく方は多いです。

 

お支払い情報の入力が完了したら、右側に表示してある、選択した商品一覧をご確認ください。

先ほどもお伝えしましたが、Whois情報公開代行 が0円で表示されてある事をよく確認しておいてください。

 

もしその時に、
Whois情報公開代行メール転送オプションというのをつけてしまっていた場合は、

 

特に必要無いので、
Whois情報公開代行メール転送オプションは解除してください。

この二つは別物なので混同されないようにご注意ください。

〇必要:Whois情報公開代行
×不要:Whois情報公開代行メール転送オプション

 

それが終わりましたら、申し込むボタンを押して手続きを進めてください。

たまに、このようなお名前ドットコムの営業用のウインドウが立ち上がる事がありますが、ドメイン取得には、不要なので、×で閉じて構いません。

 

 

ドメイン申し込みを進めると取得作業が開始されます。

この間は、ブラウザを読みこみ直したり、前へ戻ったりなどは決してなさらないようにご注意ください。

 

このくるくる回る演出が終わったらドメインの取得が完了となります。

 

ドメインの取得完了画面

ドメインの取得が完了したら、この様な画面が表示されます。

 

ここまでで、ドメインを取得する作業までは終了です。

続いて、その取得したドメインをどのサーバーで表示させるのか?を設定する流れになります。

 

 

 

 

ドメインの取得後そのドメインをどのサーバーで表示させたいのかを設定します。

取得後の画面から、少し下に下がると、管理画面TOPへというリンクがありますのでそれをクリック

 

 

お名前ドットコムのログイン状態でのトップページが表示されますので、ドメイン設定のメニューをクリックしてください。

下の画面で言えば、水色で囲っている項目です。

 

 

この部分をクリックですね。

ドメインの更新などの情報がある場合は、下記のような、メッセージがでます。

その時は、ページを離れるボタンクリックで構いません。

 

 

次に実際に該当ドメインを、どのサーバーで表示するのかの設定になります。

画面の左のメニューの中の、ネームサーバーの変更というリンクをクリックしてください。

 

 

このぶぶんのリンクです。

 

 

すると、取得したドメインの一覧が表示されます。

該当するドメインの横のチェックを入れてください。

 

 

下にスクロールすると、ご登録情報に変更・相違はありませんか?と表示されていますので、

 

青いボタン

登録情報は正しいので、手続きを進めるボタンをクリックしてください。

 

 

 

次に、他のネームサーバーを利用のタブをクリックしてください。

 

.

すると、

ネームサーバー情報を入力という欄が出てきます。

 

このネームサーバーというのは、どのレンタルサーバーでも持っているそれぞれ固有の情報です。

これを、使用したいサーバーのネームサーバー情報というのをドメインに設定する事でドメインとサーバーを紐づけることができます。

 

他にもやり方はありますが、ネームサーバーの設定という方法が比較的簡単なので、今回はネームサーバーの設定方法で説明しています。

 

 

ネームサーバーの設定入力欄が表示されたら

下記画像の様に

入力してください。

 

画像の下にコピーできる表を表示していますので、そこから一つ一つコピペでも構いません。

 

 

エックスサーバーのネームサーバー コピー用

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

エックスサーバーでネームサーバーの設定ページへのリンクはこちら

ネームサーバーの設定 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|ネームサーバーとは、ドメインの運用サーバーを決定する仕組みとお考えください。エックスサーバーで独自ドメインを使用するには、ネームサーバーをエックスサーバー指定のものへご変更ください。

 

ネームサーバーの入力作業が完了したら、手続きを進めてください。

 

すると、確認画面が表示されます。

 

この確認画面の表示の時点では設定はされていないのでご注意ください。

該当ドメインに対して、何処のサーバーのネームサーバーを設定しているのかが確認できる表が表示されます。

 

コピペしているので、ほとんど間違える事は無いと思いますので、設定するボタンを押して設定作業を進めます。

 

すると、手続き中でくるくる回る演出が表示されます。

 

 

くるくる演出が終わって、ネームサーバーの変更完了の画面が表示されたら

ネームサーバーの設定完了です。

ネームサーバーの設定完了後に、該当サーバーで表示されるようになるのには多少時間がかかる場合もありますのでその時は、少し時間を空ければ、そのドメインを表示したときには、使用予定のサーバーが表示されるようになります。

 

これが数日たってもならない場合は、ネームサーバーの設定で何か間違えている可能性もありますので、その時は、コピペしたネームサーバーの設定を再度確認して修正してください。

 

 

 

 

 

次にサーバーを用意する流れです。

エックスサーバーのサイトへ移動します。

別タブで開きます。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

 

エックスサーバーのトップページに来たら下へスクロールすると

 

お申し込みはこちら

 

 

というボタンがあるのでそれをクリック

 

 

 

するとお申込みフォームが会員IDを持っているか持っていないかで分かれます。

 

 

今回は、完全に新規で作るとして会員IDを持っていないの新規お申込みボタンをクリック

 

 

 

この様なお申込みフォームが表示されます。

 

1つづつ解説していきます。

サーバーID(初期ドメイン)について

これは、エックスサーバーのドメインのサブドメインを1つだけ自由に名前を付けて使えるようになる設定です。

 

●●●●●.xsrv.jp

のように、●の部分を好きな英数字で名づける事ができます。

 

サブドメインで、サイトを運用する事もできますが、今回は先に取得したドメインで運用するという前提での説明なのでこれ以上の説明は省略させていただきます。

 

プラン選択について

X10プランで十分です。

 

ワードプレスサイトを1つのエックスサーバーに50個以上作りたい。

という場合は、X20プラン以上にするのが良いかと思いますが、

そうでは無ければ、X10プラン選択で構いません。

 

また、どのプランにしても、CPUそのものの処理速度は変わりません。

2019/03/19電話にて確認

基本的にエックスサーバーのプランは容量の違いが主です。

X10の時点で200ギガ使える容量が与えられるので、ほとんど賄えると言えます。

※X20以上のプランを選択されるような場合は、Xサーバーの上位サーバーを選択される方が良いです。

 

メールアドレス、メールアドレス(確認)について

これは、エックスサーバーとのやり取りや契約情報の更新情報、新しい機能の情報などを受け取る為の、貴方が確実に確認できるメールアドレスを入力してください。

メールアドレス /メールアドレス(確認)ともに同じメールアドレスを入力してください。

 

このメールアドレスを、適当なメールアドレスにしていると、契約期間更新のメールが受け取れずに知らないうちにサーバーが閉鎖される。

という事も、あり得ますので、

必ず、貴方が確実に確認できるメールアドレスを入力してください。

 

登録区分について

個人なのか、会社法人なのか、で選択してください。

名前(法人の場合は担当者)について

個人の方は、そのまま、姓と名をそれぞれ入力してください。

法人の方は現時点で構いませんのでその方の担当者名を入力してください。

 

郵便番号/住所/建物名について

こちらは、法人であれば法人の住所

個人であれば個人の住所を入力されてください。

郵便番号を入力した後に、郵便番号から住所入力ボタンを押すと8割ほど住所入力が不要にるので楽ですよ。

 

電話番号について

こちらは、一応何かのやり取りの時に使われる為の電話番号です。

ですが、ほとんど電話で連絡がいきなり直接かかってくることはありません。

入力については、携帯番号でも可能です。

 

インフォメーションメールの配信について

いわゆるエックスサーバーからのメルマガを受信するかどうかのようなものです。

契約更新や、サーバーの仕様などの重要なメールは、別途届きます。

なので、希望したい方は、チェックを入れてください。

希望されない方はチェックを外してください。

個人的には、不要かなと感じています。

 

利用規約と個人情報の取り扱いについて

こちらは、エックスサーバーを利用するためには、チェックを入れるしか方法が無い為チェックを入れましょう。

 

入力項目の不備が無くなると、全体が薄い緑色に変わります。

その状態であれば、

お申込み内容の確認ボタンをクリック

 

お申込み内容確認画面について

住所やメールアドレス、電話番号など、打ち込み間違いが無ければ、お申込みをするボタンをクリック

 

お申し込み完了

お申し込み完了画面が表示されたらエックスサーバーの仮契約までが完了です。

登録時に指定したメールアドレスへ、登録情報が届いています。

ユーザーアカウント情報

会員ID

メールアドレス

インフォパネルパスワード

インフォパネル

 

この情報を元に、エックスサーバーの管理画面へログインします。

 

 

 

エックスサーバーの管理画面のインフォパネルへログイン

エックスサーバーのトップページへもどってもらって

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

 

の右上にあるログインボタンをクリック

 

メールアドレスへ届いていた、サーバー情報でログインします。

 

ログインが完了したらインフォパネルという画面が表示されます。

 

少し下にスクロールすると、

今回取得したサーバーが表示されています。

 

ここの、サーバー管理というボタンをクリックするとサーバーパネルページへ移動します。

 

 

 

サーバー管理ページ

 

 

ドメインの設定でエックスサーバーで表示させようとした設定を受け止める設定を行います。

右上にあるドメイン設定をクリックします。

 

 

ドメイン設定の画面が表示されます。

 

ドメイン設定追加のタブをクリックします

 

 

 

エックスサーバー側としてドメインを追加する画面が表示されます。

入力欄に、今回取得したドメインを入力します。

.com

.biz

.info

など、最後まで入力してください。

入力後に、確認画面へ進むボタンをクリックしてください。

 

確認画面が表示されます。

 

 

ドメイン名の間違いが無いかを確認してください。

間違いが無ければ、追加するボタンをクリックしてください。

 

 

設定が完了します。

この様な画面が表示されます。

この後、取得したドメイン名を、ブラウザで表示させたら、

この様な画面が出る場合がありますが、正常な動きです。

 

取得したドメイン用の入れ物をサーバーが頑張って作ってくれている状態のようなものと思ってください。

数分から、数十分、または数時間、時間をおいて再度アクセスしてみてください。

 

 

ドメインの設定から、サーバーの設定が正しく進められていたら、サイトの表示は一応できますが、まだ空っぽ状態なので、

エックスサーバー初期ページが表示されます。

 

 

ここまできたら、あとは、ワードプレスをインストールする流れになります。

 

 

ちなみにですが、

下記の画面が数日たっても出続けている場合は、ドメイン側のネームサーバーの設定に問題がある可能性が高いです。

その際は、ネームサーバーの設定を修正してみてください。

ワードプレスのインストール作業の流れ

ようやくここまで来ました。

今回は、最近は珍しくもなくなってきてますが、

エックスサーバーには、ワードプレスの自動インストール機能がついていますので、

それを使います。

 

エックスサーバーのコントロールパネルに移動してください。

 

 

WordPress簡単インストールという項目があるのでそれをクリック

 

すると、設定しているドメインの一覧が出てくるのでその中で実際にインストールしたドメインの横にある選択するリンクをクリック

 

すると、このような画面が表示されますので、

WordPressインストールというタブをクリックしてください。

 

すると、どのドメインに、ワードプレスをインストールするのか?

を設定できる画面が表示されます。

 

インストールURLから、インストールしたいドメインを選択してください。

 

 

 

次にブログ名を入力してください。
(あとから変更できます。)

 

 

次にユーザー名を入力してください。

これは、今回ドメインにインストールしたワードプレスにログインする為のユーザー名です。

あとから変えることもできますが、少し手間がかかるので、ランダムな英数文字列の入力でを勧めします。

 

 

こちらは、ユーザー名に対するパスワードです。

このパすワードも変更できますが、最初からしっかりとした推測されにくいランダムな英数文字列での入力をお勧めします。

 

 

 

こちらは、インストールするときに、何かしらの情報を受け取る為のメールアドレスです。

受信できるメールアドレスをお勧めします。

 

 

こちらは、エックスサーバーでワードプレスを運用するときに表示速度を上げるための機能と

ワードプレスをインストールするための、データベースに対する設定です。

ここは何も触らなくて構いません。

 

 

 

そして、最後に確認画面へ進むボタンをクリック

 

これで、完了です。

完了画面には、

 

ログインURL

ユーザー名

パスワードが表示されます。

これは、忘れないように、メモ帳などに保存しておいてください。

そして、ドメインをブラウザに入力して表示させると、ワードプレスサイトが表示されています!

デフォルト状態の初期デザインですから、なんとも真っ白けな感じですね。

弊社サイトも、弊社が納品しているワードプレスサイトも基本はこの様な流れをベースにホームページとして作っています。

 

 

 

 

次回の記事では、ここからが、難しいところですが、

ひとまずブロガーとして行けるレベルの、Cocoonをベースに作っていく流れも簡単に紹介しますね。

また、簡単にコピペするだけでも、それなりなデザインになる様式もご用意できそうであれば用意させていただきます。

 

ではまた。

 
SEO対策、ホームページの相談

\お気軽にお電話ください/


TEL:0942-55-1259

ラインアットで問い合わせる

うちのサイトどう思う?というような事など、お気軽にご相談下さい。


友だち追加
このサイトを運営しているアホな人
制作の中の人

ホントすいません。ハゲですいません。
でも、出来る事を精一杯よりもうちょっと頑張ります。
お仕事いただけると喜びます。

ホームページ制作 福岡市、ホームページ制作 佐賀、ホームページ制作 久留米、ホームページ制作 小郡、ホームページ制作 大牟田、ホームページ制作 八女、ホームページ制作 筑後、ホームページ制作 唐津、ホームページ制作 鳥栖

SEO対策 久留米、SEO対策 佐賀、SEO対策 福岡

といったグーグル検索キーワードで1ページ目に表示させる事を、なんとかかんとかできています。
グーグル検索ユーザー様や、いろんな方やいろんなお客様のご厚意などでお仕事いただけています。

ワードプレスプラグインやカスタムについて
ホームページ制作福岡県福岡市・久留米で集客ならウェブランマンへ