ホームページ制作 福岡

ワードプレスでリンクにnofollowと別タブをビジュアルエディタで入れる方法

 

ワードプレスで、記事を書いたりしているときに、特定のリンクタグだけ、ドメインやページのパワーを送らないように、nofollow を入れたり、別タブで開かせるための target=”_blank”を入れたい時ってありませんか?

 

 

いちいち、テキストモードにして、rel=”nofollow”って入れたり、

いちいち、テキストモードにして、 target=”_blank”って入れたり、

 

私も面倒くさいと思います。

 

また、ホームページ制作して、納品したときも、お客さんに、テキストモードで・・・っていうのは、なかなかハードル高い物があります。

 

nofollowについてのちょっとした解説

それを、ビジュアルエディタで、簡単に、リンク別に、設定できる方法を紹介します。

 

このページを見ている人には不要かもしれませんが、nofollow を付与するリンクの場合、ドメインやページのパワーを受け渡さない、受け渡しにくいと言われています。

事実、リンクをたくさん張りすぎたページは順位が下がる傾向を示しています。

それは2019/04/06時点でも同じです。

ちなみにその事について、少し古いですがグーグルが言及しているところのページがあります

 

Google に外部リンクの関係性を伝える - Search Console ヘルプ

 

 

リンク1つ1つにrel=”nofollow”、target=”_blank”をそれぞれ個別に入れる方法

 

まずは、別タブを開くという工程を紹介します。

 

 

ビジュアルエディタで別タブを簡単に設定する方法

 

ビジュアルエディタのリンク挿入ボタンを使うと、target=”_blank”に関しては最初から、設定されてあります。

 

まず、リンクにした文字列を入力

その文字列を範囲してします。

 

次に、リンクにするビジュアルエディタのリンク設定ボタンをクリック

小さな吹き出しがでて、リンク先URLを入力することができます。
コピペでも構いません。

この様な感じです。

 

入力が終わったら、

左向きの矢印ボタンをクリックしてください。

すると、一度そのリンクの設定が反映されます。

この様になります。

そうしたら、鉛筆マークボタンをクリックしてください。

すると、またこの状況になります。

この後、歯車マークボタンをクリックしてください。

するとこのようなリンクの挿入編集というウインドウが立ち上がります。

ウインドウが立ち上がったら、リンクを新しいタブで開くにチェックを入れてください。

チェックを入れたら、右下にある青い更新ボタンをクリック

 

すると、画面が戻って、文字をリンクにすることができて、別タブで開くようになっています。

 

このようなリンクです↓

ホームページ制作ならハートウェブへ

 

別タブで開くリンクをビジュアルエディタで付ける方法の紹介でした。

 

なぜ、別タブを開く事を先に説明したかというと、実を言うと、nofollow を付与する方法も、あるプラグインをインストールする事で、ほぼ同じ工程で、設定できるようになるからです。

 

という事で説明に入ります。

 

 

ビジュアルエディタでノーフォローnofollowを付与する方法

 

この別タブで開くリンクをビジュアルエディタで付ける方法と全く同じ工程で、じつは、rel=”nofollow”を付ける方法があります。

 

 

そのままのワードプレスでは、出来ないので、できるようにするためのプラグインをインストールする必要があります。

 

Ultimate Nofollowのインストール方法

管理画面のプラグインの画面から検索してインストールします。

もしくは、wordpress.orgからダウンロードしてFTPや、zipファイルなどをブラウザ経由でアップするなどしてインストールしてください。

 

今回は、検索してからそのままインストールする方法を紹介します。

ワードプレスの管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Ultimate Nofollow で検索

 

するとこのようなプラグインが表示されます。

これをインストールして、有効化してください。

 

そうすると、

別タブ設定をするのと同様の方法をすると、リンク挿入編集ウインドウに、

 

add rel =”nofollow” to link

というチェック項目が増えています。

 

 

ノーフォローにしたい場合は、チェックを入れて、リンク追加ボタンをクリックすると完了です。

 

 

実際に行ったリンクがこちら

別タブと、nofollow 共に設定されてあります。

ホームページ制作ならランマンへ

 

 

リンク先が内部ページであろうと、外部ページであろうと、リンク先の内容やタイトルによって、わざわざパワーを送らなくてもいいページはあります。

 

リンクにnofollowを入れる理由やまとめ。

例えば、

問い合わせページや、会社概要ページなどは、そもそも、知らない人に検索させるという目的では存在していません。

 

サイトに訪れた方に伝える為のページであったりします。

 

また知っている人が、 会社名 + 問い合わせ で検索したとしても、会社名は固有の名前であったりする事が多いわけですから、特別リンクパワーを送らなくても、検索結果にはしっかり上位表示するわけです。

※会社名が大手のサイトのページと、重複していたり、立ち上げてすぐのドメインの場合など例外もあります。

 

そういった時は、サイトを運営していって、ブログ記事を書いていけば書いていくほど、そういう状況になったりします。

その時に、ちまちまとビジュアルエディタではなく、テキストモードでタグを打ち込むのはとても面倒だったりします。

 

少しでも時間短縮につながれば幸いです。