ホームページ制作 福岡

Redirectionプラグインでワードプレスサイトのリダイレクトを簡単にできます!

このURLにアクセスしたら、このURLへ移動させることをしたい場合

 

記事のURLが変わってしまった…

サイト構成上の問題で、記事ページから、固定ページへ移動する事になった‥

 

 

そんな時に、元のURLにアクセスしたら、別のURLにリダイレクトする設定をしておくと、アクセスユーザーの取りこぼしなどを防ぐことができます。

 

また、余談ですが、アフィリエイトのURLコードを直接リンクせず、自社サイト内のURLを踏み台にして(リダイレクト)、広告ページを表示させるという事にも使えます。

また、どれくらいクリックされたのか?という事も分かりますので、簡単な広告コード管理としても使えます。

 

もともと、リダイレクト機能は、htaccessというファイルがあって、サイト表示を制御するファイルがあるのですが、

 

そのhtaccessファイルに、 ●●URLにアクセスしたら ◆◆URLにアクセスするようにする…

という事を記述すれば、

 

 

プラグインが無くてもできるのですが、記述方法にもルールがあり素人向きではありません。

また、htaccessファイルは、ブラウザ上からは通常アクセスできません。

 

 

FTPソフトと呼ばれるサーバーに接続して、ファイルをアップしたり、ダウンロードしたりするソフトを使って、htaccessファイルをダウンロードし、ファイルを開きその中を書き換えるという手間がかかります。

 

ワードプレスの場合はそれを簡単にしてくれるプラグインがあります。

 

それがリダイレクトプラグインのredirection

そういった手間を無くしてくれるのがこの Redirection プラグインです。

 

プラグイン > 新規追加 > Redirection で検索すると

このようなプラグインがでてきますので、インストールと有効化で準備は完了です。

 

有効化すると、

ツール > Redirection でリダイレクトさせたいURLの設定が行えます。

 

リダイレクト設定の追加方法

 

新規追加をクリック

 

 

するとこのような画面が表示されます。

 

 

 

入力するのは、ソースURLと、ターゲットURLだけで構いません。

 

 

RedirectionのソースURLについて

ソースURL→リダイレクト元のURLです、踏み台となるURLです。

ソースURLは、自社サイトドメイン内のURLじゃないと、リダイレクトは発動しません。

架空のページURL、または、消したURLなどを入力する場所です。

 

 

RedirectionのターゲットURLについて

ターゲットURL→リダイレクト先のURLです、とび先となるURLです。

広告URLや、新しく作り直したページへのURLなどを入力する場所です。

 

例えば、グーグルにインデックスされているページがあったとします。

でも、なんらかの事情で、別ページで作り直す事にしたとします。

今後は新しいページを活用する。

とした場合に、

 

すでにグーグルが記録している、前のページのインデックスが無駄になってしまいます。

 

だから、リダイレクト機能をつかって、新しいページへリダイレクトすることでそれを回避できます。

 

また、グーグルは、存在しないページから新しくリダイレクトしたページを認識してくれるので、検索結果で無いページへアクセスさせるという事を防げます。

 

 

 

自社サイト内でリダイレクトを完結させる場合

ttps://www.heart-web.net/testdadaze

というページから

ttps://www.heart-web.net/honban-page

というページへリダイレクトさせる。

 

といったような使い方です。

※このサイトのテーマ仕様でURLは自動でリンクになるのであえて、Hをはずしています。

 

 

自社サイト内から、外部へリダイレクトを完結させる場合

ttps://www.heart-web.net/testdadaze

というページから

ttps://www.gaibusaito.com/LPpage

というページへリダイレクトさせる。

※このサイトのテーマ仕様でURLは自動でリンクになるのであえて、Hをはずしています。

 

 

 

といったような使い方です。

 

 

これで、リダイレクトの設定方法の紹介は終わりです。

記事のURLを構成上変える必要があるなどは、地味にある事かと思います。

また、アフィリエイトコードを少しだけ管理するという意味でもこのRedirectionというプラグインは使いやすいです。

URLの変更をせざるを得ないなどの事がある場合は、試してみる価値はあると思います。