ワードプレスで真っ白!表示がされない、おかしい時の対処方法!

 

 

ワードプレスのサイトが・・・

 

 

おどろきの白さに!!

 

いや、本当にビビりますよね…真っ白けになってたしたら・・・

それとか、関連記事から下が読みこまれていないとか・・・

右カラムが読みこまれていないとか・・・

 

 

何もしてないのに!

えっ?

 

サーバーによっては本当に何もしてないのになるときもゼロじゃないのが怖い

 

でもちょっとストップ!!

 

 

もしかしたら、

プラグインを触らなかった?

 

ワードプレスの表示がおかしいときは、かならず原因があります。

そしてその原因がどういう所にあるのかを探る必要があります。

プラグインなのか?

プラグインだったらどのプラグインなのか?

特定のプラグインだったら、まず停止してチェックしてみる。

 

 

というような感じで、少しづつ原因を絞っていく必要があります。

 

ですが、どこをどう原因を絞っていけばいいのか分からない方のために原因別の対処方を紹介します。

 

 

 

プラグインインストール有効化で起きた場合

もう読んで字のごとく、プラグインのインストールと有効化をした場合です。

この場合、直前にインストールと有効化したプラグインを停止させてみましょう。

 

停止後サイトの表示が元に戻っていれば、ほぼほぼそのプラグインが原因です。

もしくは、テーマとの相性などもあると思います。

今回の例の場合は、プラグインを新規にインストールして、有効化した時点で起きている可能性があるとみれます。

 

どうしてもそのプラグインを使いたい場合

その時は、次の項目にもあるように、phpというワードプレスを構成するプログラムがあるのですが、それのバージョンが合わない。

というパターン。

もしくは、

ワードプレスのバージョンと合わない。

というパターン。

 

さらに言えば、その両方が合わさったパターンが考えられます。

 

その場合は、ワードプレスバージョンアップと、phpのバージョンを上げる。

 

という事を、1つ1つ段階を踏んで試す。

という方法があります。

 

ただし、ワードプレスのバージョンを一度上げると設定でなどでは戻せません。

バックアップをあらかじめ取っておいて、復元するという方法になります。

 

phpのバージョンアップは、上げたり下げたりできるので、サーバーが推奨するバージョンにしたり、前後のバージョンにしたりなどでうまく表示されるかどうかを見るとよいでしょう。

 

 

何事においてもですが、バックアップはしっかりとっておきましょうね。

 

 

 

プラグインバージョンアップで起きた場合

バージョンアップして起きた場合、バージョンアップを戻すというのもありますが、プラグインはセキュリティ的な事を考えると、バージョンアップをした方が良いかと思います。

ケースバイケースではありますが…

 

では、どうすればいいのか?

この場合、ワードプレスを動かすためのphpというプログラムのバージョンが関係している場合があります。

例えですが、ウインドウズにも、

 

  • ウインドウズXP
  • ウインドウズ7
  • ウインドウズ8
  • ウインドウズ10

といった感じで、ベースとなるプログラムがあってその上で、いろんなソフトが動くという感じですよね?

 

同じような感じで、ワードプレスもphpというプログラムの上で稼働している。

 

というような感覚で思って構いません。

厳密にいろいろ言えば違ったりしますが、今回は概念的な事を知ってもらう為なので、だいたいそんな感じでOKです。

 

という事で、
php にもバージョンが合って

  • 5.0
  • 5.1
  • 5.2
  • 5.3
  • 5.4
  • 5.5
  • 5.6
  • 7.0
  • 7.1
  • 7.2
  • 7.3

というようにphpのバージョンが新しくなってきています。

ちなみに、phpのバージョンは、サーバーの設定などで、変えれます。

このバージョンが合わないと、プラグインがうまく稼働しないという事があります。

 

前のバージョンだと、読みこめていたプログラムの構文が、プラグインのバージョンを上げたら新しい構文になっていた。

でも、phpのバージョンは低いまま。

 

そしてエラー。または真っ白け。または、表示がおかしい。

 

 

という事が起こりえます。

 

この場合は、サーバーのphp バージョン設定を変更する事で対処できる可能性があります。

phpのバージョンは使用されているサーバーの管理画面などで設定できます。

 

何事においてもですが、バックアップはしっかりとっておきましょうね。

 

 

プラグインバージョンアップで起きた場合

 

プラグインのバージョンアップで起きた場合は、

 

そのプラグインのバージョンと、ワードプレスのバージョンが合わない。

というパターン。

 

そのプラグインのバージョンと、サーバーのphp のバージョンが合わない。

というパターン。

 

その両方が重なっているパターン。

があります。

対処方法としては、

ワードプレスのバージョンを上げる

phpのバージョンを上げる。

という方法で安定するのを模索する。

 

 

もしくは、プラグインのバージョンを前に戻すという方法があります。

プラグインによってはどうしても前のバージョンじゃないと、使えないという場合もあります。

セキュリティ的には推奨できる事では無いのですが、そのあたりは、ケースバイケースという事になります。

 

前のバージョンに戻す方法ですが、簡単に言えば、今のバージョンのプラグインを削除して、前のバージョンのプラグインをインストールすればいいです。

 

その為、前のバージョンを用意する必要があります。

ワードプレスのプラグインページや、プラグイン検索ページで検索すると、このように、プラグインが表示されるはずです。

 

その時に、プラグインの名前をクリックします。

 

 

そうすると、このような画面が表示されます。

 

 

 

 

次のページで、一番下までスクロールすると開発バージョンを選択できます。

必要なバージョンを選択してダウンロードします。

 

 

ダウンロードしたら、プラグイン追加ページで、

プラグインアップロードボタンをクリックします。

 

ダウンロードしたZIP形式のファイルを選択してインストールすれば、過去バージョンのプラグインのインストールが完了です。

あとは、有効化すればOK

という事になります。

 

 

 

 

function.php関数ファイルをいじって真っ白けの場合

function.php(関数)を、テーマエディタ(テーマ編集)から書き込んでワードプレスがワードプレスとして制御できなくなって真っ白けになった場合。

 

結論から言うと、

該当ファイルをPCにダウンロードして、それをテキストエディタで開くと、最後に書き込んだところを削除して、再度アップロードすると、元に戻る場合はとても多いです。

 

最近のワードプレスのバージョンだと、function.php(関数)に、エラーで真っ白になる記述をしてしまった場合は警告がでて、そのまま保存しなければ、真っ白けにはならないような制御がされているようです。

 

ですが、どのみちfunction.php(関数)に関して何か操作をしてその結果真っ白けになる場合は、ほぼほぼfunction.php(関数)ファイルを元に戻してあげれば元に戻る場合が多いです。

 

 

 

ワードプレスサイトが特定の場所から読みこまれていない場合

 

ワードプレスサイトが特定の場所から読みこまれていない場合は、独自のphpのタグはあるのに、それに対応した内容を表示するプログラムが読みこまれていない。

という場合があります。

 

もう一つは、

使用していたプラグインで、特定のタグを表示したいところに張り付けないと表示しない。

という場合です。

タグは貼っているけど、プラグインは停止している。

または、プラグインが削除されている場合は、

 

サイトをワードプレスが読みこんで表示しようとするときに、プラグイン専用で、手動で張り付けないといけないタグがあります。

それを制御するプラグインがオフになっていると、そこで読みこみが止まります。

 

なので、タグを消すか、プラグインをオン有効化すれば、正常に表示されたりします。

 

 

function.php(関数)に独自の定義関数を作って特定のタグを書いたら、発動する場合も同様の場合があります。

function.php(関数)に、独自関数が無いのに、タグだけ張っている。

タグに対応した関数をfunction.php(関数)にしっかり書き込めば読みこみが正常に流れるので、表示しなかった場所から先もきちんと表示されるようになります。

 

 

 

ワードプレスの表示がおかしい場合のまとめ

さて、今回は、ワードプレスが表示されなくなった・・とか、真っ白けになっちゃった・・・

 

とかにを改善するためのパターンを紹介しました。

必ずしも改善されるわけでは無いですが、試してみる価値はあるかな?と思う事を書いてみました。

ただし、サーバーの環境や状況は、ケースバイケースなので、この事を対処したら正常に戻らない場合や、状況が悪化する場合も全くゼロではないので、バックアップをしっかりとってから自己責任の上でお試しください。

 

どうしても、相談したい場合は、ラインや、電話でも対応できる場合もありますので、お気軽に連絡ください。

 
SEO対策、ホームページの相談

\お気軽にお電話ください/


TEL:0942-55-1259

ラインアットで問い合わせる

うちのサイトどう思う?というような事など、お気軽にご相談下さい。


友だち追加
このサイトを運営しているアホな人
制作の中の人

ホントすいません。ハゲですいません。
でも、出来る事を精一杯よりもうちょっと頑張ります。
お仕事いただけると喜びます。

ホームページ制作 福岡市、ホームページ制作 佐賀、ホームページ制作 久留米、ホームページ制作 小郡、ホームページ制作 大牟田、ホームページ制作 八女、ホームページ制作 筑後、ホームページ制作 唐津、ホームページ制作 鳥栖

SEO対策 久留米、SEO対策 佐賀、SEO対策 福岡

といったグーグル検索キーワードで1ページ目に表示させる事を、なんとかかんとかできています。
グーグル検索ユーザー様や、いろんな方やいろんなお客様のご厚意などでお仕事いただけています。

ワードプレスプラグインやカスタムについて
ホームページ制作福岡県福岡市・久留米で集客ならウェブランマンへ